yule_iriさん

2018年1月末にボカロP活動を開始。軽快ながらも何処か寂しい歌詞やメロディを目指した楽曲群を制作。好きなVOCALOIDはvflower。自作のアニメーションMV制作など、積極的に幅広く創作に挑戦。代表曲は「小夜シークレット」

yule_iriさん

yule_iriさん

yule_iri

2018年1月末にボカロP活動を開始。軽快ながらも何処か寂しい歌詞やメロディを目指した楽曲群を制作。好きなVOCALOIDはvflower。自作のアニメーションMV制作など、積極的に幅広く創作に挑戦。代表曲は「小夜シークレット」

もっと見る

ピアプロバッジ

SNSアカウント

その他関連サイト・SNS

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

一夏性じゃないから 歌詞

ああ ずれていく 貴方と私の熱 故に夕 急かす愛と 青すぎた春の名残 ああ ふらふらと 時が希釈する影は 見えなくなる筈と 怖くなる 空想 代替 いない 反対 耐えれない 失態 以外 解体 したくない ぐらぐらぐらぐら 傾いてるって 言わないでよ つらつら辛辛 呟いたって 何も 変わらないでしょ 私が幽霊だったとしたら 一夏の幻想だったとしたら 私が幽霊だと言ったら 君はどう思うかな? ああ 暮れていく オレンジ突き刺さっている 公園に 去年つけた  二つの足跡を辿る ああ そろそろと 時が告げる別れは 君の背を脳内に 押し売りして 敵わないな 結局 積極的に君の手を引いていきたいと 消極的な君を泡沫に還したくないと  この夏に この暑さ ここに 閉じ込めたくないから 終わりにしたくないから 恋を救ったままで 恋を救ったままで 「私は一過性じゃないから あなたを見捨てない。」 恋を掬ったままで 恋を巣食ったままで 「夏が明けても脳裏に 憑りついてやるわ。」 私が幽霊だったとしたら 一夏の幻想だったとしたら 私が幽霊だと言ったら 君はどう思うかな? 私が幽霊だったとしたら 一夏の幻想だったとしたら 私が幽霊だと知ったら 君はどう思うかな? 一過性じゃないから 来年の夏もここで

歌詞です。
投稿日時 : 2019/08/31 21:27

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP