ちぇりーさん

部活が忙しくて、なかなか更新できないかもですorz

ちぇりーさん

ちぇりーさん

yotsuba11

部活が忙しくて、なかなか更新できないかもですorz

鏡音ちゃんたちがめっちゃ好きな小説家です♪
そして、学パロ大好きです☆

祝☆テキスト20作っ≧∀≦ノ
なんか一人でテンションあがってます(笑

現在「凛と廉」連載中です



もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(21)

  • 悠夜
  • さく
  • なほ
  • 餡子UME
  • かこい
  • lunar
  • CHIAKI
  • 紗介
  • 流華
  • まいむ
  • 7:24
  • 田村ヒロ

フォロワー(3)

  • lily__
  • アリス
  • 流華

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

変な気持ち?

ピピピピピ・・・・ うう・・・・ 頭・・・・痛い・・・ 「んー・・・・」 ・・・・なんかだるいな・・・・起きるのつらい・・・ でも、学校いかなくちゃー・・・・ 「おっす」 「・・・・おはよ・・・」 ・・・なんか、まともに廉の顔見れない・・・・ ・・・・なんで? ガララッ 「おはよぉ・・・」 教室に入ると、真っ先にネルが声をかけてきた。 「あ、凛ー♪昨日はありがとー・・・ってどーしたの?具合悪そう。」 「?だいじょーぶ・・・・」 「そう?つらかったら言ってよ?」 「うんー・・・」 だめだ・・・あたしが倒れたら、だめ・・・・ 授業も耳に入らない。というか、それどころじゃな・・・い 「ねぇ、凛ほんとに大丈夫?」 「うう・・・・」 「こーなったら保健室いくよっ!!」 心配したネルがあたしを引っ張って保健室へ向かう。 ガラッ 「せんせー」 ・・・・・・・・・・・・・ しーん 「?だれもいない??・・・・じゃあ寝てていっか☆」 うう・・・とうとう保健室に連れて行かれちゃったよー・・・ あたしが倒れたら廉のご飯作ってあげられない・・・・ 「熱はかってー」 そういわれて体温計をもらう。 pppp・・・ 「わっ!38度!!凛、完璧カゼじゃん!」 うわー・・・・最悪ぅ・・・・ 「凛、早退したほうがいいんじゃないのー?」 「うう・・・でも、家に誰もいない・・・・」 「そうか!凛んちの両親は仕事か」 「うん・・・」 「じゃあ、廉君呼んで二人で家にいたらいーんじゃない!」 呼んでくるーっ!!ってなんだかはしゃぎながら出ていった。 ・・・・?なんであんなにはしゃぐ??ってか ネルがいてもいーじゃん? ・・・・・あーダメだ。頭クラクラして考えらんないし・・・ 心地いい揺れに気づき、目を覚ます。 気がつくと、あたしは廉の背中にいた。 「ぴゃあっ!!」 「わっ!!」 あたしの声にびっくりして廉がちょっとバランスを崩す。 「あ、ゴメン廉。びっくりしちゃって・・・・」 「やぁっと起きたか。」 「ゴメンね・・・廉まで早退にさせちゃって・・・・・」 「・・・・気にすんな」 ガチャッ 「うう・・・・」 あ、っつぅ・・・ 「とりあえずお前は寝とけ」 「うん・・・」 あたしをベッドの上に、優しく乗せて、部屋を出て行った。 ・・・・なんか、いろいろびっくり まだ素直な時間じゃないのに、いつもにくったらしい廉が なんか優しい・・・・? 制服のままでは寝にくいので部屋着に着替えた。 コンコン・・・ 「いーよ」 ガチャ 「食欲あるかわかんねーけど、食べて薬飲んで寝てろよ」 そういうと、廉はテーブルにおかゆと薬と水の入ったコップを置いた。 「あ、ありがと。廉」 「おう」 パタン ふふ♪たまにはカゼひいてみるものだなー♪ 生意気な廉がすごい優しい☆ こんなこと、今まであんまりなかったからなぁ・・・・ 昔からあたしは健康だけがとりえだったからねー☆ ちょっと廉を見直した☆ ・・・・ネルが廉のこと優しいっていってたのが 分かった気がするなぁ・・・・ とく・・・ ・・・・・?な、にこれ?? なんか、変な気持ち・・・・ ・・・・もしかして・・・・ いやいやいや!!ないない!絶対ないっ!! ・・・ということにしておこ っていうか・・・あたしには好きな人がいるし・・・・・

お久しぶりですっ♪
よーやく更新ですよーО∀О;
部活とネタ切れというスランプに打ち勝ちますた♪
またスローテンポの更新になると思いますが、ご了承くださいーorz
でわでわっ☆ノン
投稿日時 : 2010/07/05 22:09

最近の投稿作品 (23)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP