ぱるつぁさん

ぱるつぁさん

xxnet

こんにちわ *、  
     / +、 
    ∩   *。.
(´・ω・`)    +。
と   ノ   *゜ 
 と、ノ   ・゜ 
  ~∪   *゜  

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(6)

  • うしろじま
  • ぺぱ
  • Jirno(じるの)
  • liviera
  • 零ぼーん
  • kaoru121212

フォロワー(2)

  • ぺぱ
  • 零ぼーん

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

なにも知らず恋をする父。
近親結婚とバレぬよう、全てを捨て計らう娘。



【千匹皮(アラライラオ)】

ある国の王妃が病にかかり、臨終の床で
「自分のように美しい女性と再婚してほしい」と王に遺言をする。

数年後、王は自分の娘が王妃に似た美しい女性へと
成長していることに気づき、 再婚相手と定める。
父から“婚礼は明日”と告げられた娘は
三着のドレスを持って千匹皮をまとい、城から逃げ出す。

森をさまよっていると、千匹皮により、
奇妙な獣と間違えられ、
捕らえられるが城の下働きとして雇われる。

下働きをしながら、城で舞踏会が開かれたとき、
娘は太陽のドレスをまとって現れた。
王はそれが王女・自分の娘であると気づかず、娘に恋をする。

二回目は月のドレスをまとって現れた娘。
なんとか身元を特定しようとするが、娘はすぐに舞踏会から逃げだしてしまった。

そして星のドレスをまとって現れた三回目。
王は娘が知らないうちに娘の手に銀色の指輪を嵌めていた。
舞踏会が終わり、娘は今までとおり王のもとから逃げ出すが、
後々、城で下働きをしている最中指輪が決定付けとなり
王は下働きをしている娘が舞踏会に現れている娘だと知った。

そして、王と娘は結婚した。




とゆう話しですか、
娘は近親結婚は罪であると知り、周りも、まして相手である父をも騙しました。
とても賢い娘だと思う反面、とても苦しんだのだとおもいます。

もっとみる

投稿日時 : 2012/12/18 14:11

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP