ユートさん

ユートさん

utouto

にゃっぽん始めました^^

http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=7795

まいぽんとかお気軽によろしくだぽん!

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(3)

  • 梨本うい
  • U-ta/ウタP
  • mokuzo

フォロワー(2)

  • mokuzo
  • 募集スレまとめ管理者

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

Blue Mark

青い傷跡が痛むから 壊れた街に溢れる歌は 力強く希望に満ちて 悲しみ知ったブルーハートに 届かないわ響かないのよ (忘れるな)忘れるな 繰り返すメロディ 手探りで進む道には 目印も灯りも無いのに アスタラビスタベイビー 燃える炎の色憂鬱ブルー 地獄でまた会いましょう 悲しみ溶かして心に灯す炎が Our mark 夢の果てに見つけたものは 闇が抱く微かなぬくもり (忘れよう)忘れよう 途切れないメロディ 一つだけ胸に抱いて もう、いいよと 君に伝えに行くよ ー間奏ー (さよならだけ)君に届けたいよ 涙の色に染まったブルーソング (思い出だけ)手放さずに行くから もう二度と夢も見ないほど 深く深く眠って ー間奏ー ああ、いつの日にか夢見た ああ、二人だけの幸せ アスタラビスタベイビー 地獄でまた会えるなら 寂しくないわ Blue tears drop drop for you and me Blue song sing for you and me so blue blue アスタラビスタベイビー 悲しみ溶かして君に捧げる My blue heart アスタラビスタベイビー 好きだった 優しい歌笑い声光る瞳 でもさよなら 地獄で会おう 心の青い灯火がOur mark Blue our mark 青い傷跡が泣いている… ↓読み仮名です あおいきずあとがいたむから こわれたまちにあふれるうたは ちからづよくきぼうにみちて かなしみしったぶるーはーとに とどかないわひびかないのよ (わすれるな)わすれるな くりかえすめろでぃ てさぐりですすむみちには めじるしもあかりもないのに あすたらびすたべいびー もえるほのおのいろゆううつぶるー じごくでまたあいましょう かなしみとかしてこころにともすほのおが あうわ まーく ゆめのはてにみつけたものは やみがいだくかすかなぬくもり (わすれよう)わすれよう とぎれないめろでぃ ひとつだけむねにだいて もういいよと きみにつたえにいくよ (さよならだけ)きみにとどけたいよ なみだのいろにそまったぶるーそんぐ (おもいでだけ)てばなさずにいくから もうにどとゆめもみないほど ふかくふかくねむって ああいつのひにかゆめみた ああふたりだけのしあわせ あすたらびすたべいびー じごくでまたあえるなら さびしくないわ ぶるーてぃあーず どろっぷどろっぷ ふぉーゆーえんどみー ぶるーそんぐ しんぐ ふぉー ゆーえんどみー  そー ぶるーぶるーぶるー あすたらびすたべいびー かなしみとかしてきみにささげる まいぶるーはーと あすたらびすたべいびー すきだった やさしいうたわらいごえひかるめ でもさよなら じごくであおう こころのあおいともしびがあうわまーく ぶるーあうわまーく あおいきずあとがないている

しえるん様のhttp://piapro.jp/content/8i07p0bp2cwxy1qdへの応募用歌詞です。

曲がすごい疾走感がありながらもどこか物寂しさを感じるものだったので、Blueをテーマに書いてみました。

生まれた頃から超強力な能力を持って生まれた双子の姉弟リンとレンは幼い頃から共に研究所で暮らしていた。
その生活は暮らしていた、というよりも生かされていた、というにふさわしい。
その力を科学的に抽出するため人体実験じみた研究を毎日行われ、年を経るにつれて自らの意思は封じられ、二人は生きているとは言えない状態だった。
そんな二人を哀れんだ科学者の一人が二人をその研究所から連れ出そうとするが、なんとか連れ出せたのはリン一人。
レンは研究所に残されてしまった。
科学者と共に人間らしさを取り戻していくリン。同時に、悲惨な記憶の中にある弟のことを心配していた。
科学者たちの協力を得て、弟を取り返そうと計画を立てる。
しかしレンは既に科学者たちの生ける兵器とされており、リンたちにむかって攻撃をする。
また、科学者たちの刷り込みによってリンを裏切り者、憎むべきものと認識させられており、リンを殺そうとする。
(感情の触れ幅が能力の上下に関わることを科学者は突き止めており、能力を最大限に発揮させるため怒り、憎しみという感情だけをレンに与えた)
しかしそんなレンを仲間たちの協力を持って退けることに成功したリン。
科学者はレンと共に逃げたが、その居所はリンの力によって判明している。
夜が明けたら科学者を倒すため、そしてレンを取り戻すためにリンと仲間たちは科学者たちの下へ行く。
仲間たちはレンを生きてリンの元に取り返すつもりでいる。
しかしリンには分かっていた。レンはもう元には戻れない。人として生きることは出来ないのだと。
だからリンは明日、レンを殺すつもりでいる。そして自分も共に行くつもりでいる。

リンはレンと共に消えた。
はずだった。
けれどリンが目を覚ましたとき、目に映ったのは地獄ではなく仲間たちの心配そうな顔。
そして、安らかに眠るレンの顔。
レンが最後の最後にリンを守ったのだった。
その寝顔に涙を降り注ぎながらリンは生きていく決意をする。


っていうアヌメの主題歌みたいなつもりで書きましたwwww妄想乙www

もっとみる

投稿日時 : 2010/01/06 08:35

最近の投稿作品 (8)

▲TOP