• masaki1215さん

    その他: メモ帳

    募金に興味を持ってもらうには

    どうすればいいのか

    募金を呼びかける人たちは

    「募金をお願いします」

    「募金に協力してください」

    そう叫んでる

    それが伝えたいこと

    ならばその言葉を

    そのまま曲にのせて

    伝えられたら

    とても素敵だ

    でもなぜできないのだろう

    なぜそんな歌が無いのだろう


    私たちは見ないふりをしている

    どこからか聞こえてくる「お願いします」を

    助けてほしいのその声を

    うまく聞き流して生きている

    自分には関係ないって顔して


    そのズルさも弱さも

    根底にある暖かさも

    全部伝えてしまいたい


    あぁ今から募金するこの10円が

    うつむき道に迷う誰かを優しく照らして

    笑顔あふれる世界へと導いてくれますように


    極端だけど今の福祉曲は

    こういうことを伝えている

    私が募金するとき

    こんなこと考えるわけがない

    こんなの考える人がいたら頭おかしい

    みんなもっと自然に

    もっと当たり前に

    募金しようって気持ちさえ

    無いままにやっている

    大げさな表現をしなくたって

    募金っていう概念は

    そんなふうに身近な所に

    寄り添えているのだから

    伝えれば届かないわけがない

    そんな気がするんだ






    なんつーか、こうやって偉そうに書いてるけど
    完成しなかったら超うけるw

    2014/10/15 20:58:25 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    ・第一世代
    男性の願望を具現化したような女性が登場しまくり。
    男は黙って旅立ち、女は一途に帰りを待つ…みたいな。
    愛してるのオンパレード。黒い人が美しい人生よ~♪w
    愛を歌う事自体に価値を見出し自分に酔っている。

    ・第二世代
    たぶん松任谷由美さんが始祖。美化した非日常とは違って
    現実に起こりうる実体験型の内容。強い感動ではなく共感させることで
    等身大の恋話を歌詞として歌う事がアリなんだと証明してみせた。

    ・第三世代
    たぶんドリカムが始祖。より具体的に、あいつと一緒にいるだけでなんか楽しい!
    って世界観を完成させた。曖昧な気持ちをそのまま歌詞にするので
    愛ってよく分からない的な視点が多い。結果として愛してる系の歌詞が減少。

    ・第四世代
    たぶん宇多田ヒカルさんが始祖
    冷めた印象が強くなり愛の近くを遠巻きに眺めている感じ。
    一番達観している。歌詞に熱量が無くそのかわり真理を突くような表現が多様される。
    ゆえに説教臭い歌詞も多い。第三世代で回避された「愛とは○○○のようなもの」
    という愛に対する結論を出す歌詞が出現。今まで歌姫のものだったラブソングを
    ヒップホップがフォローするようになった。

    現世代
    アイドルが飽和してるのに革新的なバラードが何故か生まれない。
    彼女らにとっての音楽は自分たちを盛り上げるツールでしかなく
    歌詞を書く側はきっと第二・三世代の曲で育った人たちなので
    その呪縛から逃れられないでいる。西野アヤさんが第三世代の遺産を
    食いつぶしてる感じがするのも彼女がその世代が好きなのが原因かと。
    あんなに可愛くて歌もうまいのになんで歌詞あんななのか(おい)


    これは私が分析したラブソングの進化。
    最近NHKが古い曲とか歌詞関連の番組をやたら放送してて
    知らない世代の音楽シーンの空気感みたいなのが分かってとても楽しい。
    あれで前後の世代との因果関係が見えてきた。

    福祉をテーマにした歌詞をこれに当てはめると
    まだ第一世代の状態。美化した世界観に酔っている。
    なので世代をひとつ進めたい。ボカロだから出来ることだと思う。
    今の福祉曲を過去にするような歌詞を書きたい。

    2014/09/20 14:53:00 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    赤い羽根共同募金は会社(たぶん)なのでピアプロでコラボ企画やることの
    反響度というか募金額やイベント参加数の増減とかそういう費用対効果?の
    報告とか会議とかしてると思うのん。
    今年の企画ページ見ると赤い羽根支部からの応援メッセージが載ってるのだけど
    メッセージがない県も多くて赤い羽根側も一枚岩じゃないというか
    ボカロとかいうわけわかめなのに媚びて素人のママゴトに振り回されるのはご免だ!
    ってボカロ企画に納得してない人たちもそれなりにいるのだろう。
    そんな人たちをぎゃふんと言わせたいよね。
    ふん…も、もう少し続けてみればいいだろ(///)みたいなw

    覚えてもらうなら印象に残る曲が良いわけで
    自分では行進曲のようなメリハリのある感じで
    リズムで覚えてもらうようなのをイメージしてたのだけど
    歌うことで覚えてもらうならカエルの子さんの合唱って着想も正しい。
    分かりやすくて歌いやすいってことだ。

    去年も今年も応募曲の歌詞は空に手を伸ばす系というか
    翼を広げる系wがとにかく多い。無論私も含めて。
    これはたぶん24時間テレビのサライのせい。テーマが福祉の曲は
    お行儀よくて希望に溢れてて感動させなきゃいけないってみんなすり込まれてる。
    せっかくこんな面白い場所にいるのに旧世代の文法をなぞるだけなんてつまらん。
    厄介なのは赤い羽根側もきっとすり込まれてて
    どっかでサライっぽいのを待ってる気がするってこと。
    だから「サライをマネてもサライは超えられませんよ」って
    説明文に書いてアピるしかない。って書けるかそんなことw
    なので固定観念をフルボッコにするようなのを書いて向こうの価値観を破壊する。
    普段着じゃ絶対着れないプレタポルテのように、公道じゃ絶対走れないF1のように
    技術を誇示するアッパー系を1つ書く。んでその曲じゃ絶対採用されないのでw
    きみひと強化版の翼を広げる系も1つ書く。
    たぶん5月頃からコンペが始まるのでそれまでに2本。間に合うか?
    今回は新しい方程式を作るので今までの価値観は使えない。
    「素敵な歌詞が書けた」って判断するそのものさし自体があてにならない。
    詞の印象をチェックして壊して作り直してチェックして壊して…を繰り返して
    叩きあげてかなきゃなんだろう。メンドくさw
    こんなにハードル上げて大丈夫か自分。

    2014/09/13 22:37:40 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    秦基博(はたもとひろ)さんの映画ドラえもんの主題歌がよい。
    映画の内容が反映された歌詞でありつつ
    テレビの15秒CMでヒアリング可能な言葉でできてる。
    子供たちがターゲットだから無意識にそう作ってんだ。
    ジャニーズの曲も相変わらずそういうの徹底されてて
    表現重複や古語を引用してでも符割を死守することで
    早く覚えてもらおうと配慮されてる。それは売るための戦略として
    「覚えてもらうことは届くこと」と信じてるから。
    ファンの子やその友達も覚えて一緒に歌って、そんな風に
    ゆるやかに広がって結果的に売れればいい。ぐらいのとこ狙ってんだ。

    赤い羽根共同募金の事を知ってもらうためにも、振り向いてもらうためにも
    やっぱ覚えてもらう事を最優先にしなきゃだ。
    届いてしまえばあとはリスナーが自由に世界を広げてく。
    私がどういう趣旨で歌詞を書いたかなんて
    はっきり言ってどうでもいいことなんだ。ちょっと悲しいけどw
    でもネガな意味でなくそれくらい割り切った感じでやってみよう。
    書きあげた達成感で別に選ばれなくてもいいやって思えるくらいになれたら。

    今年採用されたイラストと曲に対し書き込まれた赤い羽根からの感想に
    町という言葉が2回出てきてる。やっぱそのモチーフは大きい。
    だからもっかい町にこだわってみる。カエルの子さんが再考した歌詞を読むと
    私のは情報量と展開が圧倒的に足りないことが分かる。そこは膨らませる。

    アナ雪のれりごーはサビのわりにA・Bメロのもたつきっぷりがきつい。
    萎縮と解放の演出なんだろうけど悪い意味でミュージカルくさい。
    ここだけなら秦さんの圧勝。でもみんな完走したいから必死に覚えてる。
    こういう広がり方だってある。だから型にとらわれ過ぎないように。
    たとえば私の好きなラブソングの切なさを赤い羽根に入れてみたら。
    恋が始まる前の高揚感と戸惑いのあの感じと
    募金という清く正しく優等生な感じって全然合わない。
    だから誰も混ぜてない。混ぜるな危険wこの材料で方程式が成り立つと
    証明されてないからお手本がなくてコピれないんだ。それを私が証明できたら。
    成功できるかは別としてwそれに完成した歌詞を理解してもらえるかのハードルもある。
    つーかいつも同じよーなことで悩んでんのな。
    結果が出せてないから先に進めてないんだ。どっか間違ってんのかもだな。
    そのへんも含めて割り切って。

    2014/09/01 22:30:55 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    赤い羽根の当選曲を聴き込んでいる。ムカツクけど聴きこんでいるうw
    楽曲はとてもしっかりしてて表情があるし
    かなり計算してロジカルに作られてる気がする。
    それでいてちゃんとミクっぽい曲になっててやっぱうまい。
    去年の受賞曲は歌詞のメッセージ性重視な気がしたのできみひとを書いたけど
    今年のは失礼だけどこの曲選ぶ私ってセンスよくね?っていう匂いが。
    デジデジしてて音いっぱい重ねてあって
    そういうの選びたくなる気持ちは分かる。流行ってるし。
    でもニコの本気曲の前じゃそれも霞んでしまいそうだ。
    赤い羽根はボカロに、そしてこのコラボ企画を通して
    ピアプロに何を求めてるのか。
    まずそれを考察しカウンタープランを考えるん。

    赤い羽根はボーカロイドを応援したい気持ちと同時に
    ボカロの流行に乗っかろうという下心は当然あると思う。
    広報担当?みたいな人がボカロ知ってたんだろうし
    もっと言えばどこぞのプロにお願いして微妙な曲が出来て
    注文つけづらい感じになるよりボカロコンペなら無料でw
    たくさんの選択肢から選べるし、もし作品が微妙でも
    素人が作ったという免罪符もある。これは邪推しすぎw性格悪っw
    とにかくボカロに乗っかろうという趣旨は重要じゃない。
    ただ最終的にどうしたいのか。ボカロに乗っかって何をしたいのか。

    ホムペ読みまくった感じだと共同募金という仕組みをたくさんの人に知ってもらい
    地域の福祉や募金活動の裾野を広げたい。というのが本質的な目的であり
    深層心理下の願いなんだと思う。だけど赤い羽根+ボカロという企画そのもので
    満足してるのではなかろうか。コンペ頼みな空気があるので共同募金のテーマ曲として
    ふさわしい楽曲はどういうものかという論議が向こうで十分になされていない気が。
    結果として一番目立って完成度の高いものが選ばれてしまっていて
    お寿司屋さんなのにすごく美味しいドリアを出してるような違和感。
    美味しいんだけどここでそれ出していいの?って印象。
    そういうのを含め今までのパターンもいいけど
    こんな方向性もどうっすかと新しい価値観を提示し
    ブランドチェンジさせることから始めなきゃなんだろう。
    んじゃあ赤い羽根共同募金を浸透させる曲の方向性ってどういうものか。
    曲を聞いてほしいターゲット層は。
    そもそも私たちはどういう気持ちで募金しているのか。
    それを考えようと思ったら文字数

    2014/08/18 23:26:25 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    この前のMステでバンプのrayをはじめて聴いた。
    バンプの曲はいろいろ感じさせられちゃって面倒くさいので(オイ)
    ずっと距離を置いてたんだけど、ミクが出るかもって噂されて思わずね。
    やっぱいいよたまんない。もう突き刺さって動けない。
    rayを聴いた友達が曲が古いって言っててね。素直な感想だと思うし
    たぶん伝えてることとかが前と変わってないって意味なんだろうけど
    じゃあ変わることってなんなんだろうって。
    ゆずの場合はやっぱ前の曲調が良かったとか言う人もいるみたいだけど
    バンプはずっと弱者を応援するというかもっと押しつけがましくなく
    弱者に寄り添うような曲を唄ってて(と私は勝手に思ってて)
    ずっと同じことを歌ってるんだろうなって思った。

    私は歌詞を書くのが好きというより歌詞そのものが好きで
    私のこと理解してくれてたのはずっと歌詞だけだったのに
    自分で書くようになったら他の歌詞を冷静に見れなくなってしまって
    文句ばっか言うようになってしまって
    この歌詞はここの表現をこう変えればもっとよくなるとか
    私だったらこうするとかそんなことばっか考えてる自分が
    だんだんイヤになってきてね。…って何書いてんだこれwまあいいやw
    そんで歌詞が好きな自分がキライっていうわけわかんないの
    抱えたままだったのだけど、そんな私の隣に座って
    「ま、そういうのもしょーがないんじゃねーの?」って
    この曲が言ってくれた気がしてすんごく深く突き刺さってもーた。
    バンプはずっと同じ力で弱ってる者たちを応援してくれてて
    それは前向きに生きてる人にはどうでもいいことなのだろうけど
    風邪ひいたら風邪薬を飲むように、立ち上がれない人達のほうを見て
    ずっと寄り添ってくれてるんだ。おこがましいけど私もいつかそうでありたい。
    私の持ってる旗は彼らとは大きさが違うけど、自分の痛みの理由にさえ
    気付けないほど迷っている人の安らぎに代わるような
    そんな言葉を重ねていけたらなって。

    2014/08/10 00:07:10 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    浜田省吾さんの曲を借りて(買えよ)聴き込んでいる。
    今まで受け継がれてきたであろう歌詞の始祖と思える方程式がザクザク見つかって
    まるで古文書を見つけたような気分。古文書とか見たことないけどw

    新しい歌詞を書くというのは新しい構成の方程式を発明するということ
    そして新しい日本語を発明することだと思う。彼の「19のままさ」という曲は
    彼女との過去を回想し最後に今の自分を報告する構成なのだけど
    もしこの方程式の始祖が彼なのなら、この構成が歌詞として成立し
    人の心を震わせられる方程式だと証明してみせたわけで
    私たちはそれをただなぞらせてもらっているちっぽけな存在だ。
    ほんと先駆者たちに感謝。この曲は昔と変わってしまった自分を今はいない彼女へ
    照れくさそうに伝えていて、戻れない、還れないからこその切なさが大好き。
    実は福山雅治さんの東京にもあったんだがまったく同じ構成で
    彼の場合は今もあの頃と同じに走り続けてる不器用さを伝えててこれも最高。
    福山さんは故意に同じ構成を使ったんじゃないかと思うのだけどどうだろう。
    19のままさという方程式をリスペクトしてる気がするのは考えすぎだろうかw

    あと日本語の発明。浜田さんの歌詞には「すりきれた」という表現がよく出てくる。
    これの汎用性の高さが秀逸だ。19のままさには「すりきれたスニーカー」が使われてる。
    よく考えるとこの日本語は変。こんな日本語無い。普通は履き潰した、薄汚れた、履き古した…だと思う。
    でも「すりきれた」は主人公の大ざっぱで無頓着で不器用な若者って感じを
    見事に言い表している。すりきれたって言葉は今流行の曲にも普通に使われてるけど
    浜田さんがこうやって歌詞に適した単語ですよって発明・証明したからこそなのだと思うとたまらない。

    あと浜田さんってプロポーズすることが最上級の愛情表現だと思ってる気がするw
    きっと昔の人だからだ(オイ)。日本語といえば浜田さんの歌詞で「きしむベッドの上で」ってのが
    使われてて、これってあの人のあの曲のあの部分と同じじゃないですか。
    創作に興味ない人ほどこういうのパクリだって騒いだりマキタスポーツさんに
    馬鹿にされたりするけど、そんなふうに冷やかさずに、いいものはみんなでシェアしてけば
    いいと思うのですよ。思いを伝えるツールとして。どうすかこの考えかた変ですか。

    2014/07/27 12:18:04 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    浜田省吾さんのMIDNIGHT FLYGHTをへびーろーてーそんちう。
    私はこの歌詞の解釈を間違っていた。
    相手を愛してないことにも気づけない男性と
    それを見透かし告げずに離れてく女性の話と思ってたけど違った。
    この歌詞のポイントは1番男性・2番女性目線で語られる内容のうち
    相手に伝えた言葉と心の中で思ってる言葉がどれなのか分かりづらいこと。
    でもそれは1・2番が同じ構成なので対比することで真実が見えてくる。

    Aメロ1・2行目:現実。実際に起こった事。相手に伝えた内容
    男性:飛行機とんでった。周りには誰もいない
    女性:妹のとこ行くわ。一人じゃつらいし
    Aメロ3・4行目:想像や回想。心の中の描写
    男性:勇気出したら今頃ラブラブだったのに
    女性:あいつ私を呼んでヤるだけじゃん

    この構成を踏まえても分からなかったことがある。
    女性はAメロで「一人じゃ生きられない」って男性に伝えてるのに
    サビで「二人で生きてきた」って思ってる点。矛盾してる。
    サビは本音ゾーンなので二人で生きたって考えてるのは本音のはず。
    だから「一人じゃ生きられない」って伝えたのは強がりというか
    ただの当てつけで、本音は形ある物で引きとめてほしかったのだと。
    男性に自力で真実に気づき証しを示してほしいと女性は願ってたのでは。

    最後の「もう守るものなんて…」ってリリックが大嫌いだった。
    取って付けたような言葉で薄っぺらくてありきたりで
    今後あの子以上に人を好きになれない比喩としての守るものって
    ずっと素晴らしい構成できたのに最後その程度かよって正直思ってたw
    でもこれも勘違い。男性は結論を出すことからずっと逃げてた。
    それは言い変えると傷つくことから自分を守ってたわけで
    彼女を失うことで、守るべきは彼女だと気づき
    遅すぎましたねって表現に落ち着いたのだと。

    なんで引き止めなかったかなー。この恋の前にこういう経験してれば
    きっと勇気が持てたはず。だからこの男性は次の恋からはもっと優しくなれそうだ。
    というか今からでもニューヨーク行けばいいのにw女性はきっと待ってる気がする。

    素晴らしい。こんだけ考察する余地を残してるいい意味で隙のある歌詞最高だ。
    やっぱ全部書かないほうがたくさん伝えられるんだな。リスナー信じなきゃだな。

    2014/07/12 16:44:55 from: masaki1215さん

  • カエルの子さん

    その他: きみもこの町のひとしずく【赤い羽根オフィシャルコラボ2014応募用】

    masaki1215さん、こんばんは!
    「星のひとしずく」よろこんでいただけて良かったです^^

    メロディーはなるべく歌詞のイントネーションに合わせたので聞き取り易いと思います。音域も1オクターブ以内に抑えたので誰でも簡単に口ずさむことができるかと・・・完全に合唱曲ですね^^;
    本気で入選を狙うならアレンジでもう一捻りほしいところですが、ちょっと時間と集中力が足りません>_<
    出来る範囲で一番いい形で仕上げたのでご勘弁をm(_ _)m

    なるほど、「町」にはそんな意味があったんですね!
    「地域で集めた募金はその地域で使われる」僕も知りませんでした^^;
    まぁでも「ひとしずく」という言葉のチョイスにmasaki1215さんのキラリと光るセンスを感じるので、きっと審査員の方の印象にも残ると思いますよ(^^)b

    2014/06/28 01:07:22 from: カエルの子さん

  • カエルの子さん

    使わせてもらいました: きみもこの町のひとしずく【赤い羽根オフィシャルコラボ2014応募用】

    masaki1215さん、はじめまして。
    カエルの子と申します。

    「きみもこの町のひとしずく」いいですね!
    こちらの歌詞をお借りしてメロディーをつけてみました^^

    すみません、歌詞はmasaki1215さんの書いたものをなるべく活かしながらこちらで手を加えています。
    「町のひとしずく」は「星のひとしずく」に変更させていただきました。
    Bメロで太陽、雨、海など地球規模で語っているのにサビで「町」にスケールダウンしてしまうのはもったいないですよ^^;
    それに地球は「水の惑星」ですから、雨とイメージを結びつけるのにぴったりです。

    アレンジは締め切りまでに間に合いそうもないので、とりあえずピアノ弾き語りで応募しちゃおうかと思います。
    ではでは、気に入ってもらえるといいな(^-^)

    2014/06/26 16:27:28 from: カエルの子さん

  • masaki1215さん

    メッセージのお返し:

    使ってくれる人きたあwwwww
    カエルの子さん、ありがとうございます!
    使ってもらってうれしいです。さっそく聴かせてもらいました!

    「町」は、地域で集めた募金はその地域で使われることを
    前提としてるのが共同募金の仕組みのようなので
    町ってモチーフを入れると選考する人に爪跡残せるんじゃないかという
    下心ありまくりのリリックなのでw星でも大丈夫だと思います。

    というか文字数がバラバラだったのを
    いい感じに改変してもらって逆にすみません。曲を選考する人は
    歌詞が聞き取りやすいものを選ぶんじゃないかと思っていたので
    ミクが丁寧に歌い上げる構成がとても素敵で好印象です。
    曲全体の雰囲気が水っぽいというか液体っぽいって思いましたw
    ほんと見つけて拾ってくださってありがとございました!

    2014/06/27 01:06:39 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    アニメのピンポン見てたら浜田省吾さんの曲が使われてた。
    初めて聴いた曲でMIDNIGHT FLIGHTという題名。
    アニメ内での曲への入り方がすんごくカッコ良くて、そのアニメでは
    ピンポンが上手な人ほどさびしいクリスマスを過ごしてる描写をしてて
    それは結局その人達にはピンポンしかないからこそピンポンに依存してる悲しい現実と
    曲に登場するの男性の悲しき勘違いっぷりwがリンクしてすんごく良かった。

    調べたら30年前の曲wもうぜんぜん今でもイケる曲だ。
    こういうのをオーバーテクノロジーというのでわw
    ほんと先駆者たちにスライディング土下座するしかない。
    必要最低限の言葉でリスナーの好きなように想像の翼を広げられる隙間のある曲。
    2番で1番の設定がひっくり返るの最高だし
    噛ませ犬の役割の1番もそれだけできちんと完結してる。
    前にi hate uがすごいって書いたけど、30年前に同じ構成で
    この完成度で存在してるってどういうこったい。

    30年たってもラブソングの構成とかテーマってあんま変わってないんだなと思う。
    今後、女性に振られた男性はみんなこれ聴けばいいじゃんてw
    新しいラブソングいらないじゃんてw正直思ってしまう。
    こんな素敵な曲があるのに、人は新たな曲を求めるしそして歌ってしまう。
    その理由はいろいろ考えてる。いつかまとまったら書こう。
    浜田省吾さんのほかの曲も聞いてみたくなった。

    2014/06/10 00:19:14 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    桑田佳祐さんが作る曲の既視感がきらい。大衆向けな音楽性とか
    真面目な曲も書くのに本人おちゃらけてる感じとかも。
    天才なんだろうけど、どこかで聴いた歌詞とか曲ばっかな気がしてた。

    「愛しい人へ捧ぐ歌」がたまらない。なんて暖かいオケ。
    ラブソングに偽装した震災曲だとすぐに思った。
    とにかく歌詞が優しい。頭で考えて想像しただけじゃこの表現はでてこない。
    書いた人がこの感性を持って、突き動かされて書いている。
    気になったのでどうやってこの歌詞になったのか考えてみた。
    たぶん、桑田さんのとこにファンレターがたくさん来たんだ。
    ライブ楽しみにしてたけど被災したとか、前みたいには素直に笑えないとか
    一緒にライブに行った友達はもういないとかそういう感じのやつ。
    んで一瞬でも同じ時間を過ごした人たちがたくさん傷ついてるのをみて
    もー死んだ奴も生きてる奴もみんな俺んとこ来い。そんでまた一緒に歌おうぜ
    この曲でまた一緒に風になろうぜって歌ってるんだ。
    なんて優しいんだ。この曲の主人公は桑田さん。
    彼もまた震災の前では自分を歌うことを選んだ。
    痛みに呑まれずきちんと夢を見せている。

    いま主流になっている音楽の構成とか規範は
    たぶん彼の世代の楽曲がベースになってんだな。
    だから始祖であるはずの彼の曲ですら
    聴いたことあるような逆転の感覚が起こるんだろう。
    私はずっとこの曲を探していたんだと思う。
    この曲はラブソングじゃなくて鎮魂歌。
    こんだけ刺激を受けても新しい震災歌詞を書こうと思わない。
    それは自分なりにあの3つで出し切ったからなのだろう。
    向こうから見ているという視点は最後まで出てこなかった。
    それがわかっただけで十分。

    私もそろそろ歩き出そう。
    あなたはよく頑張った。
    もう自分をせめなくていいんだよ。
    自分をゆるしてあげていいんだよ。

    2012/09/08 01:42:59 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    ABCの2012を聴いた。待ってた音にやっと会えた。
    捨て曲のない、聞き応えのあるアルバム。
    このアルバムは震災ってテーマが全体を貫いてる。と勝手に思ってるw
    自傷や自殺を扱う曲が入ってて、その曲は当然「こんなことしちゃだめだぜ」が主題なのだけど
    震災っていうデリケートな題材のアルバムにこの曲入れて大丈夫なの?みたいな
    迷いとか議論とかが沢山あったと思うのです。
    でも、でも「お前らなら、いちいち説明しなくても分かるだろ?」っていう
    yasuさんがリスナーを信じてる気持ちが伝わってくるのです。
    ちゃんと届いてるよ!!って大声で伝えたいw

    イエスがよい。「愛してる愛してるよ」がたまらん。
    こんな強引な音の動かし方、普通やらないし楽譜上で作曲してもこんなメロにはならない。
    つーかyasuさんの曲って基本的に詰め込みすぎな歌詞が多いのだけど
    今回のアルバムは特にひどいw
    歌詞がメロに乗らないなら普通は削ったり別の言葉に変える。
    だけどyasuさんはどうやったら詞が全部メロに乗るだろう?って思考で曲を書いてる気が。
    歌詞をイジろうとしない。歌詞の人なのかな。

    あとシャングリラ。これはほんといろいろ勉強させてもらった。
    私は、歌じゃ何も変えられないからこそ何もできない象徴として
    綺麗事(うまくいくといいねという他人行儀な言葉)を伝えることを選んだ。
    だけどyasuさんは「歌じゃ世界は変えられない」ってそのまんま歌ってる。
    彼は仕事として曲を書いててしかもジャンヌ解散後?も
    まだここでやれることがあると信じて歌い続けてるのに
    その歌じゃ「何も変えられない」って気がついたとき、相当傷ついたと思う。
    信じてやってきたことは全部嘘だったのか?無駄だったのか?みたいな葛藤が
    たくさんたくさんあったと思う。
    本気で泥をかぶるっていうのはこういうことなんだ。すごいよプロは。

    シャングリラの最後はダカダカダンッ!って元気な感じで終わる。
    こんなのyasuさんじゃねーよって正直思うんだけどw
    この終わり方を選んだ理由も痛いほど分かるから困ったもんだ。
    ちなみにこの曲には福島って言葉が隠されてる。
    たしか被災した場所は福島だけじゃないから他の土地名も探せば見つかるかもね。
    こういうのをこっそりやるからニクい。
    言葉にしたりひけらかすのはヤボだって分かってるんだ。

    2012/07/14 15:53:28 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    UTAUの調声がよくわからんので作業が進まず
    歌詞のことばかり考えて逃げているマサキですこんにちは。
    ええい本を買って勉強した方が早いのか、そうなのか、どうなのだ。
    調声が終わるまで作詞禁止を己に課しているため書けぬのが苦しい。
    書いてればもう3つは作ってるはず。

    言葉の持つ力を利用するのが作詞家だと思っているのだけど
    それを説明する例えがなんとなく見つかったのでひとまずメモっとく。
    私が素敵だと思う景色をリスナーにも見てもらうには
    相手と同じイメージを持っている言葉を使うほうが誤差が少ない。
    でもその言葉を見つけるには自分とか世の中を
    客観視したり達観視するバランス感覚がいる。
    この思いを誰かがきっと分ってくれるはず!っていう感覚のほうが
    大切だと私は思うのだけどそれだけじゃ作曲さんに見つけてもらえないし
    ピアプロの作詞家はポンコツだって言われちゃうしね。
    言葉の持つイメージで分りやすいのは、たとえば

    アンドロイド

    この言葉で人型ロボットを想像する人が今どれだけいるかってこと。
    時代と共に言葉の意味がすり替わってることに気づけるセンスがほしい。
    いつのまにか脳内でブランドチェンジしてんだよね。
    そういうの前提で書かれた歌詞は面白い。見透かされた心地よさって感じ。
    つーか人型ロボットって何?って思う人の方が今は多いのか?やべーよやべーよ
    まだあるよ、言葉の持つイメージをみんなが共有してる言葉。

    こどもができた

    ね、この言葉にポジティブなイメージがありますかってこと。
    本当はとってもとっても素晴らしいことのはずなのにね。
    これは大人がわるいんだろうな。こんな世の中じゃいけない。
    うむ、そうだそうだ。こんなんじゃいけない。
    こんなの書いてる暇あったら調声をだな

    2012/06/17 01:24:23 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    ISSAさんのi hate u 聴いた。なんつー曲だ。
    歌詞・オケ・メロのすべてに怒りが満ちている。

    ISSAさんのハスキーなボーカルのせいか
    暗い雰囲気になりすぎてないのが良い。というか
    歌詞が下品にならないようにかなり配慮しながら歌っている感じ。
    怒りを表現しそれを伝えるってことは
    リスナーを不愉快にさせることじゃないってちゃんと分ってる。
    このバランス感覚はすごい。怒りをぶつけてもなお
    不快感を与えないってことがどれだけ難しいか。もちろん不快に思う人も
    いるだろうけど作り手として最大限配慮してる努力を感じるのです。
    とにかく怒りとヒップホップの親和性が高いのに驚いた。
    これはヒップホップが生まれた歴史とかを調べると理由が分るかもな。

    この曲の肝はCメロ。ここですべてがひっくり返る。
    ほんとこの構成にはうなってしまう。誰でも一度はやりたいと思うはず。
    真っ白な水に黒を1滴入れて一瞬で全部濁る感じ。
    1・2番で男性側の怒りをぶちまけてんのに
    このCメロを思いつく冷静さはすごい。怒りの強さからいって
    たぶん自分か自分の友達に実際に起こったをモチーフにしてると思うんだけど
    その感情の強さに飲み込まれないで作詞ができてるのがすごい。この客観性は欲しい。

    楽曲の構成もすごいけど、歌詞のえぐさもすごい。
    いわゆる男と女それぞれのズルさみたいなのをうまく表現してる。
    2人の未来のために少しずつ歴史を積み重ねてたと思ってた男性と
    でも女性は男性本人すら気付いてない本音を見抜いていたという。
    こういう人いるよね。自分からサヨナラ言いたくないから、わざと
    すぐばれるような浮気して相手から別れを切り出すように仕向ける人。
    きちんと別れの儀式をする価値もないってことか。相手から
    その程度しか自分が見られてないってことを感じてるからこそなのかも。
    このタイプの人は誤解されやすいだろうな。こんなの説明しづらいし。

    曲が放つ怒りの強さと、それに飲み込まれずに組み立てられてる構成。
    相反する2つが矛盾しないで成り立ってるすごい曲。

    2012/05/06 02:52:30 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    歌詞は絵や曲と比べて圧倒的に有利だ。
    現実に起きていることを創作の参考にできるから。
    最近のラブソングの歌詞が物足りない。完全に前世代の方程式をなぞってる。
    新しいアイデアが出てこない。ずっと待ってるけど。
    ニコで人気の曲なんて前は狂気と死とエロばっかだった。
    この3つはプロが意識して避けてるから世の中に無かった。
    だから新しくて刺激的なんだよね、こんな歌詞見たことないって感じで。

    やっぱ今の恋愛を考えるならデジタルツールの存在は無視できないと思うわけですよ。
    なのにそういう歌詞が全然出てこないのはなぜですか。ついったーを使う世代が
    歌詞を書いて歌う世代にまだなってないからなのか?

    だって例えばひとめぼれして、相手と一回も会話したことないのに
    ついったーのアカ知ってればさ、恋人の有無とか、付き合った人数とか
    内容によっては相手の性癖とかまで知ることができる。
    なんつーかこう努力して自分を変えたりする工程を全部すっ飛ばして
    「あ、別れたあとも普通に会話とかできる人なんだ…」みたいなのが最初にくるw

    このついったーまわりの現象って歌詞のアイデアとしてすごい期待してるんだけど
    書くのは相当難しいと思う。
    正直ここに書いてるのもどうせパクれないってわかってるから書いてるw
    今までどおりに書いても絶対うまくいかない。普通のラブソングに
    ついったーのエッセンスをまぶしたけどどうよ?みたいのしか出来上がらないはず。
    書いた人がいないから、歌詞の構造をきちんと理解しないと迷走しやすい。
    普段、自分たちがどれだけ先人たちの残した英知のお世話になっているか実感する。感謝。

    新しい方程式をつくらなきゃいけない。だから絶対的な曲の協力が必要だ。
    日常のOPみたいなパンチのある楽曲で歌詞の主線もおちゃらけた感じにして
    「ついーと読んで分かった気になってるんでしょ」みたいにザックリ削りに行く感じ。
    ピアプロのjs、jcの歌詞にその辺の感触が入り込んでないかのぞいてみたりするけど
    やっぱ自分の好きな曲を模倣したような背伸びした感じのが多くてむうう。

    面白いよねーついったー。たとえリアルがぼっちでも、おはようって言われる。
    ついったーの近さは怖さだけど、じゃあ現実で努力して変わっていく自分は
    リアルなのかねつ造なのか、とかね。考え出すと止まらない。歌詞は有利。

    2012/03/23 23:05:07 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    福山雅治さんの「家族になろうよ」が好き。
    結婚関係のCMのタイアップ?よく分かんないけど
    ウェディングソングっぽい構成の曲。

    とにかく衝撃的だったのは、歌詞に「おとうさん」って言葉が使われてること。
    たぶんこの部分のメロは「とうさん」って符割りが正しいはず。
    なのに無理やり「おとうさん」をねじ込んでる。
    こりゃこの曲には何かあると思ってwがっつり聴き込んだ。

    感動系の曲なのに全然嫌味じゃない。その理由は
    女性視点の歌詞だからだと思う。もし男性視点なら
    福山さん彼女ができたのかなとか、結婚したいのかなとか
    どうでもいいことが気になって曲に集中できない。
    女性視点だからこそ、ある意味リアリティがなくて気が散らない。
    BLこそ真の恋愛だっていう理論と同じ。違うかwww(古い

    普通ウェディングソングを書くなら、恋人同士がいかにかけがえのない存在なのかを
    テーマにする。でもこの曲は自分の親とか子供とか、自分の前後の世代に対して
    感謝する構成になってる。しかも、お父さんあなたみたいになりたい…じゃなくて
    あんな風になりたいよねって恋人に伝える視点で書かれてる。
    感動させようとギラギラしてなくて素敵な歌詞。
    私が考えてた家族系の歌詞の一つの答えだと思った。

    この曲はこれだけじゃない。ラブソングカキーの私にとってすごいネタバレがある。
    一番で恋愛の根幹をささえるテーマをネタバレしてる。
    みんな気づいてんのかな。聞き流してんの?あれ書かれちゃうともうラブソング書けないよ?w
    信じあってもなお分かり合えない孤独と寄り添うことが愛って部分。
    全てを分かり合うことができない相手を、それでも受け入れ、受け止め、許し、寄り添う強さが
    愛って言葉じゃ足りないぐらいの想い。私が何年もかけて研究分析して見つけた理論だったのにwww
    すれ違う事も全部含めて連れて行くって考え方は00年代のラブソングが作った新しい価値観。

    すごく好きだけど、福山さんみたいなリア充には私が共感するような曲を書いてほしくない。
    桜坂は分からなかったけど、それはリア充と非リア充の越えられない壁だと思ったから
    変に納得してたんだけどw「東京にもあったんだ」の頃から
    こっち系の曲にキュンキュンして困る。
    なんで女性視点なのかな。そういうオファーだったのか。
    この曲がこの曲でよかった。歌詞を口ずさむだけで泣いてしまう曲。

    2011/10/30 14:25:46 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    今ごろまどまぎのOPにハマっている。
    好きなアニメの主題歌だからいい曲に聞えるのかと思ったけど
    エヴァのOPは個人的にじぇんじぇんぐっとこなかったので
    やっぱ曲そのものが合うのだろうか。

    たぶんあれはほむのことを歌ってる。だからあの作品はほむが主人公なんだ。
    まどかは最後までなんにもしてないし。それをあえて主人公で見せることで
    全体の見え方が面白くなってる。そういうテクニックがあるってわけで。
    これは歌詞にも使えるぜよ。

    あの曲で気になることが2つある。
    1つは何度聞いても歌詞が頭に入らないってことw
    これはボーカルの滑舌の問題の気が。腹式を使ってないのかな。
    歌ってるけど唄ってない…みたいな。あと歌詞の情報量が多すぎる。
    状況の説明とそれに対する回答を繰り返す構成になってる。
    「○○の理由は、○○だからです。」っていうのをAメロだけで2回やってる。
    っていうかBメロもサビも2番も。だから曲中ずっとやってる。
    もちろん歌詞を読めば分かるけど、曲を聞いててもほむの気持ちが
    いまどこを向いてるのか見えづらい。感じずらいって言い方が正しいかも。

    もうひとつ気になるのは「もう何があっても」のとこ。ここが猛烈に好き。
    このフレーズのために聴いているといってもいい。
    つーか初めて聞いた時からここだけバシっと頭に入ってきた。
    2番にこれと同じ威力の言葉が無いのが残念すぎる。ハレ晴れユカイと
    同じことをやってしまってる。もったいない。すごくもったいない。
    ここの2番用の言葉を考えるために1ヶ月使ってもいいと思う。
    「闇が消えるまで」「こうして今まで」「ここで並んで」「そこで見ていて」
    うーん、こんな感じの方向性か。

    なんでここが好きなのかずっと考えた。
    歌詞・オケ・メロのどれも正直構成は普通。たぶんボーカルのせい。
    ボーカルがここに感情移入して気持ちを込めて歌ってるのかも。
    正直ほかの歌詞は全部ただ歌ってるだけっていうか
    喉の声帯を振動させてるだけみたいな感じなのに
    ここだけボーカルが剛速球で歌を届けにくる。心をつかまれる。
    ボーカルの人にここはどんな気持ちで歌ったのか聞いてみたい。

    2011/07/24 19:48:43 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    ピアプロには作詞をする人がたくさんいる。
    道具がなくてもすぐ出来るからたぶん今日もたくさんの人が
    ここにやってきて、居なくなってる。
    人の出入りが激しいのに作詞の人数が多いってことは
    経験の浅い作詞さんがたくさんいるってことで、そうすると
    まだ作詞に慣れてない人の作品を目にする機会が多くなる。あたりまえ。
    ピアプロの作詞担当→なんちゃって作詞家ばっか
    みたいな風潮がきらい。

    あなたはなぜここにいるのですか?
    文章を読んだり書いたりするのが好きだからですか?
    絵を書くのが好きだから?
    親からやらされた習い事のピアノがきっかけですか?
    自分を表現する方法はたくさんある。
    おしゃれしたり友達としゃべったり
    ゲームしたり映画観たり
    スポーツするとか高い時計を買うとか恋するとか
    自分が今の自分である理由を確かめる方法はたくさんある。それなのに

    あなたはなぜこの場所を選んだのですか?

    文章が絵が音楽が好き。ボカロがやりたい。
    そして注目を浴びたい。たったそれだけの理由で
    こんなネットの隅っこにわざわざ来たのですか?
    大切な時間を使って作品をつくっているのですか?
    そんなわけないじゃないですか。

    たぶん気づいてない人が多い。
    みんないろんなものを背負いながら生きてる。人に言えない思いを抱えて。
    自分の周りの世界だけじゃ埋められない渇きを誤魔化しながらね。
    私だってそうだ。

    いろんな選択肢がある中で、同じ場所を選んだ仲間のことを
    見下すような人が作った作品が、誰かの心を動かせるわけがない
    …って悪口言ったら私も同じ罪になるのでぐっと我慢我慢w
    だってそういうのって絶対作品に出ると思うんですよ(結局続けるのかw
    未熟な人を見下すことが「浅はか」だとしたら
    見下した人が友達に接するときも、創作のために勉強するときも
    その人がリスペクトする相手に教えを乞うときだって
    結局その「浅はか」な価値観のままでやっちゃうわけでしょ?

    最初はみんなへたっぴだ。
    続けていれば技術は誰にでも身につくはず。結局最後は
    その技術を使って何を伝えるのかってことが大切になってくる。
    それは「自分はこういう人間なんだけどどうよ?」って世界に問いかけること。
    そのときはせめて自分らしくありたいと私は思う。

    2011/07/08 01:22:14 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    震災をテーマに書かれた市販の曲が出てくるようになった。
    3月に被災して、それからすぐ曲と詞を書いて録音して…
    で3ヶ月後の今出てきたって感じなのでしょうね。

    この震災の曲が、それを書いたアーティストの方向性を分析する
    リトマス試験紙みたいに機能しているって感じませんか。
    その人がどういう考えで誰に向かって楽曲を作っているのかが手に取るように分かりませんか。
    スマップがあんな感じになるのはアイドルとして当然だろうし
    桑田さんがリミックス?したやつもすごく彼らしい。笑いの要素を入れてるとことか。

    個人的にいちばんよく分かったのが布袋さんの曲。
    ほんと生意気言ってごめんなさい。私はああいう歌詞は苦手だ。
    言葉は応援してるけど完全に自分に向かって書いていて、悩んでる自分を救うための曲になってる。
    でもそれでいいと思うんです。私の趣味と合わないだけ。
    彼は彼のライフスタイルとして俺カッケーwwwwwが基本だと思うんですね。
    格好いい自分を見てくれ、俺が作った格好いい曲を聴いてくれ。
    だから応援歌なのに自分中心の歌詞になるんだろうなと。でもそれは彼の生き方そのままで
    出してるわけだからとても正直なことで、彼なりの最高のプレイなんだと思う。

    震災の曲を書くってことは、アーティストが同じテーマで曲を作るってこと。
    クリスマスとかのイベント曲も同じだけど
    今回は悲しみの底にいるままの状況で事態も深刻だから
    表現したい気持ちが爆発してると思うんですね。
    でも書いちゃうと私みたいなぺーぺーでも分析できるくらいに丸裸にされるわけで。
    震災の曲を書くと、自分の思考パターンがネタバレするってこともわかってるだろうなきっと。
    傷の深さは違うけど、日本全体が同じ経験をしたわけだから、そのテーマで曲を書くと
    日本人みんながその曲を評価できる。ラブソング(笑)って思ってる人でも
    震災の曲ならどんな内容か分析できる。だから言葉で格好つけてもすぐバレてしまう。
    あーこのひと言葉の力に逃げてるなとか、無難なことしか書かないんだなとか。

    イラク戦争?のときに世界に一つだけの花がみんなの心を代弁したように
    あとテロのときの千の風になってもそうだけど
    震災で傷ついた心を支えられるような曲をみんなが待ってる。

    2011/06/04 11:43:48 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    私は作詞しかできないので

    むぅ。
    そう思ってる。もっと言うと、遠回しに
    作詞以外やりたくないし興味もありませんって。

    むぅむぅw
    本当にそれでいいのだろうか?
    と自分に問いかけるところまできてしまった。

    えーだって音楽とかよく分からないしぃ
    作曲とか難しそうだしぃ
    ピアノもギターも触ったこともないしぃ
    ソフト買うお金もないしぃ
    使うソフトとかも分かんないしぃ

    そうだよなマサキ。やりたくないことがあると
    お前はいつもそうやって出来ない理由ばかり探してきて
    やらないこと、できないことを正当化しようとする。

    最近このへんの思考がぐるぐる回ってて
    回りつかれて作曲やってみたいって思いはじめた。
    音楽とか分からない→調べればいい
    作曲とか難しい→調べればいい
    使うソフト→調べればいい
    気持ちが積極的になれたら前向きに考えられるんだな。面白いな自分。

    2011/06/01 21:26:34 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    5:2:3
    私がたどり着いた楽曲の魅力の比率。

    5:曲の魅力
    2:歌詞の魅力
    3:楽曲を聴いたリスナーが思い描くイメージ

    って感じ。曲が世界を展開して、歌詞が招き入れて
    その中で自由にイマジネーションを広げてもらって
    楽曲をリスナーの色に染めなおしてもらうことで
    本当の意味の楽曲がリスナーの中に完成する…はずw

    個人的に歌詞は踏み台であってほしい。そうあればあるほど
    時代を超えることができると思う。
    厄介なのは、2の量だけの歌詞を書いても
    作曲さんに見つけてもらえないってこと。
    拾ってもらうためにネタを増やす(2じゃなくて5ぐらいにする)と
    曲になった時に伝えすぎてしまって、曲の魅力に
    歌詞が踏み込んじゃうようなことが起こる。
    もうこれを回避するのは自分で作曲するしかないのか。
    むー、作曲さんに注目してもらえばいいわけだから
    文の内容を工夫するより、言葉のリズム感とかを重視すればよいのれすか。
    作曲さんは私たちほど言葉に執着してないだろうから
    リズム感を餌に(オイw)したほうが効果的かもな。
    そうなるとリズム感が皆無の私がリズム感を得るにはどうすればいいのかという
    新たな問題が発覚するわけですがそれは気づかなかったということにしておこう。

    2011/05/21 21:56:50 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    自分の書いたキミのくれた永遠を読み返して思った。
    これちょっと変えれば震災の歌詞になる。

    震災の歌詞を書くうえでいろいろ考えてみたけど
    今になってなんとなく自分なりの答えを見つけた気がする。
    被害はとっても大きくてどう受け止めて表現すればいいのか悩んでばっかだった。
    一度に被災した人が多いからどうしてもそれが気になって
    全体を総括する…というか総括したくなるんだ。特に歌詞を書くような
    普通の生活で見落としてる何かを言葉で表現するタイプの人は。
    見失ってることを伝えたいっていう優しさという名のおせっかいw

    人数は多くてもあの場所で実際に傷ついてるのは一人ひとりの人間。
    だからわざわざ全体の総括なんかする必要なんて全然なくて
    とても個人的で、思いっきりミニマムな出来事を
    心のささくれを丁寧にゆっくりとたどるようなものが必要なんだ。
    アルカディアでもいい。「泥だらけの携帯は握り返してもくれなくて」ってね。
    そのほうがずっとリアリティがあって共感できて即効性があると思った。

    たぶん、そんな作風はプロの世界じゃ発表できないと思う。
    禁じ手というか業界(業界って何だw)のモラルのリミッターみたいなので
    禁止されてる気がする。「みんないなくなってしまったよ」みたいな妙にリアルな作風。
    ピアプロとかニコはそういうしがらみの少ない場所だと思うから
    ここでならプロじゃできないことをやれるチャンスな気がする。
    少し時間をおいてからもう一本ぐらい書きたい。
    今すぐはムリ。しばらくは重いのはいやだw

    2011/05/13 00:52:50 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    わかったぜい、トイレの神様の違和感の理由。
    あの歌詞は自分とおばあちゃんのことを歌っていて
    表面上は2人の関係性を伝えてはいるけど、それはすべて
    おばあちゃんが亡くなることによって活きてくる伏線になっている。
    だからあの歌詞は死に向かって進んでいる。それがイヤなんだ。
    「死」ありきで全体が構成されてるのが受けつけないんだ。
    曲の前半を聞いてて、なんだか変なモヤモヤ感があるのは
    詞の魅力を味わいたくて、感動したくて、曲の全貌を知りたいから
    亡くなるパートまで早く流れないかなって思うから。
    1番2番あたりのエピソードが、おばあちゃんがなくなったあとに
    書かれたものなのかリアルタイムに書かれたものとして受け止めればいいのか
    はっきりしないから、モヤモヤ・・・というか共感しづらくしてるのもある。
    結果的に主人公は可愛そうっていう同情の道しか私には残ってなくて
    同情させるのとかズルくね?っていう感想になったんだと思う。

    いつから家族の歌=感動させる曲って図式になったのか。
    私の知ってる限り武田鉄也さんとかさだまさしさんとかのせいの気がする。
    家族の歌は感動させるべきみたいなすり込みをしてしまった。
    ワンパターンに感動させるんじゃなくて、もっとこうカラっとした
    説教くさくない感じで家族のことを歌にできると思うんだけど誰もやってない。
    ヒップホップ系の歌詞はかなり頑張ってると思うけど
    まだ感謝とかの押し付けが振り切れてない。
    誰もやってない→テンプレがない→真似ができない→パクれない
    そんでパクれないから世の中に広がらない。
    世の中にまだ出てない新しい価値観を提示するチャンスだと思うんだけどな。
    一番身近な存在だからこそ見落としてることや言葉にできてないことが沢山あるはず。
    ある意味ネタの宝庫w
    家族の歌をクールにスタイリッシュに歌う。感謝感動の要素ナシで歌にするって
    まだ誰もできてない気がする。

    2011/02/09 21:01:02 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    トイレの神様の歌詞が納得いかない。
    いろいろある。いろいろ思うところはある。
    あの日記のような内容を歌詞と言っていいのかという
    根本的なことも含めて。でも一番気になったのはそこじゃない。

    ファンの人がいたらごめんなさい。でも自分のために書きます。
    悲劇の押し売りがすんごく気になる。私ってばこんな辛いことがあったのですよ!
    みたいな感じがする。可愛そうな自分をリスナーに伝えてしまっている。
    あの曲が紡いでいる大切な大切な想いは
    おばあちゃんに向かって伝えないといけない。
    たぶん冷静でいられなかったんだと思う。
    だから歌詞にリスナーを信じる余裕が無い。
    余裕がないからいちいち全部書いてしまっている。
    私とおばあちゃんはこんなエピソードがありましたって構成にするべきなのに
    私にはこんな悲しいことがありましたって体裁になってしまっている。
    きっと本人もそれは本望じゃないはず。
    あの主観ならトイレのエピソードなんか無くてもちゃんと届くはず。

    でも売れてるんだよね。すんごく。
    やっぱあれぐらい分かりやすいほうがいいのかな。
    こういう曲が世の中にあってもいいじゃないって思えないのは
    なんでなんだろう。許すことができないのはなんでなんだろう。

    2011/01/15 22:19:23 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    最近の浜崎あゆみさんどうしたんだろう。
    彼女の書く詞が好きだった。最大の魅力は怖いくらいに自分を達観した視点。
    どんなにハッピーな内容でもどこか醒めた表現があってその引きの強さがすごかった。
    多分たくさん傷ついたことがあるんだろうなと。他人に期待してなくて
    あまり人を信じてないんだろうなと詞を読んで感じてた。
    彼女が失恋したというゴシップを聞いたとき、きっとものすごい歌詞が
    完成するだろうとすごく嬉しくなった。人として最低だ自分w
    でもそうじゃなかった。失恋のあとに書かれた詞はそれまでの技術を全部捨てて
    心のままに書いたような初稿のまま書き直しもされてないような歌詞ばかりになった。
    彼女じゃないというかまるで別人が書いたような作風になった。
    初聴なのに詞の展開が予想できる詞が多くて、一番悲しかったのは
    次にくる言葉やサビで使われる言葉が予想できていくつかは当たってしまったこと。
    彼女は武器を持たずに戦ってるのに私は今まで何を見てたんだろうなと思う。

    2010/12/23 21:59:10 from: masaki1215さん

  • 隅師医 唖漣piaproptBh4V     さん

    ご意見・感想: メモ帳

    お初にお目にかかります。
    (メッセージのほうへの感想です)楽師ではないのですが、詞師さんの本音が見えて
    とても面白くよませていただきました!
    沢山の詞への考察があり、詞も詩も小説も読まない身としては大変参考になりました。

    本文ではツッコミを入れてもいいとのことでしたので書かせていただきますと…
    (最新のメッセ中心にレスを…)
    自分は創作向きの人材でない上になぞなぞが大好物なので
    「お題にちょっとイジワルなひっかけがある募集」を楽しんでいるかもしれません。

    でも、商用曲は仰る通り相談というか意見のぶつけ合いを必ずしていそうですね。
    ピアプロではウェブでの活動に限定している人が多いサイトならではですが
    話し合いがしにくいのが現状です。コラボの掲示板は進捗が見えにくく使いにくいし…

    トラックオンリーのメイカーさんは言葉の扱いが苦手だからこそ相談を避けて
    効率が悪い募集をしてしまうのかも…書く側としては無駄は省きたいので
    具体的なイメージが欲しいのはもちろんですけど。

    それでポジに考えたところ、
    あやふやな募集をかけることで「思ってもみなかった作品と出逢う確率」は
    上がりそうという結論に至った次第です。悪い面もいい面もあるという。

    以下はだいぶ前のメッセージへのレスとなりますが
    >どうせ何回も頭の中で歌うんだから作詞家が声入れて~
    は自分が好むやり方です。実際にやることが多いですが、
    許可を取ったうえで音符の長さなど調整させていただくとしっくりくることがあります。

    ということで突如として長々と失礼いたしました><

    2010/11/21 00:04:43 from: 隅師医 唖漣piaproptBh4V     さん

  • masaki1215さん

    メッセージのお返し:

    コメありがとうございます。タグも付いてないこのメモ帳に
    たどり着いたことにビックリですw

    >あやふやな募集をかけることで「思ってもみなかった作品と出逢う確率」は上がりそう
    確かにみんな思ってる気がしますね。まだ知らない自分に会ってみたい・・・とか
    今以上の自分のいる場所まで連れて行って欲しい・・・とか
    自分の作品が化学反応を起こして、見たこともない作品に変化することへの欲求・・・みたいな感覚。

    >許可を取ったうえで音符の長さなど調整させていただく
    うらやましいw詞を書き上げると、作詞担当は何もすることが無くなるので
    作曲さんへの小さな提案という感じでやってみたいです。
    でも実際に曲に意見しようと思っても
    だったら自分で曲書けよとか思われたらどうしようとか考えて
    正直なかなか言えないですねw作曲さんといい関係でいられる唖漣さんがうらやましいです。

    2010/11/21 18:12:57 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    歌詞募集してる作曲さんヲチってると自分の詞の好みをうまく伝えられなくて
    しかもうまく伝えられてないこと自体に気づいてない人がたくさんいる。
    カレーよりハヤシライスが好き…みたいなこだわりがあるのに
    それに気づかないまま「詞のテーマはお任せします」って言ってしまって
    美味しそうなカレーを作ったら、なんか違うんだよって感じになってる。
    あと出しジャンケンするのは作詞さんが可哀想だ。
    ハヤシライスが好きです。ルーは水分の少ないのが好みです!って教えてもらえれば
    ハヤシライス苦手な人は参加しないだろうし逆に得意な人も集まりやすいのでは。
    でもそこまで自分の作詞的嗜好みを理解してる人ってあんまいないかもな。
    テーマが決まってる曲のほうが誤差が少なくて済むのかなあ。

    結果的に「私の発想と才能に、君たちはついてこれるかね?」っていう
    すんごく無駄な追いかけっこしてるんだよ。そして本人も周りもそれに気づいてない。
    んで結局すれ違ってうまくいかねーなってお互い思ってる。
    曲が放つオーラから伝えたいことをくみ取って言語化して欲しいのかな。
    それって素敵なお皿を作ったので料理をイメージして盛り付けてみてって
    試されてるようなもんだ。いつも思うけど曲先で詞を付けるのって、どうしてこんなふうに
    なぞなぞクイズを出すような、作詞さんを試すような感じになるんだろ。
    最初からテーマを伝えて自分が求めてる詞を書いてもらったほうが効率がいいのに。
    作品ごしに気持ちが通じ合えたら最高だけど感情と表現の共有なんて
    そんなの友達とか家族だって簡単じゃないし分かり合うためのコミュニケーションとか
    信頼関係みたいなのがたくさん必要のはず。
    プロの人たちは曲のテーマとかストーリとか相当話し合いながら作ってると思うんだけどな。
    ネタバレすることでなんだその程度なのかって見下されたくないのかな。
    でもそういう根っこの部分を知ってきちんと共感できるからこそ
    伝えたい気持ちが生まれて創作意欲につながるんじゃないのかいな。

    たとえばバンプっぽい感じで!ってお願いしたとしても
    プラネタリウムと涙のふるさとじゃベクトルが全然違うわけで
    奇跡の出会いじゃない限り誤解されるリスクはゼロにならないけどさ
    詞を付ける作業は相手の気持ちを透視する訓練をしてるわけじゃない。
    創作がなぞなぞクイズになったらいけない。

    2010/07/17 01:20:46 from: masaki1215さん

  • hiro16さん

    使わせてもらいました: 夢の波動

    締め切りギリギリなのですが、曲を作らせていただきました。
    締め切りが近い!ということで製作期間が一日なため
    聞くに堪えない作品かもしれませんが、良かったら聞いてみてください。

    http://piapro.jp/content/c0x8b0yynawso3n4

    2010/06/14 01:49:49 from: hiro16さん

  • masaki1215さん

    メッセージのお返し:

    ぬほっ見てる人はいないと思ってたのでびっくりでしたw
    知財協会の存在意義?みたいなのを考えたときに
    コンテンツって言葉の意味を知らない人にも興味を持ってもらえるような
    分かりやすい作品にしないといけないと思って詞を書いたんです。
    んで曲聴かせてもらって、曲調がとても穏やかで素敵でした。
    というか自分の詞のダメっぷりにうぇ?って感じです。
    製作期間1日w普通なら諦めるレベルじゃないですか。
    拾っていただいてありがとうございました。

    2010/06/14 21:27:17 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    詞先で書くのは無駄だと思ってたけどやってみたらいろいろ勉強になる。
    曲を付けて欲しいなら作曲さんがその気になるようなのを書かないとダメっぽい。
    今書いてるアルカディアも作詞さんには気に入ってもらえるだろうけど
    作曲さんには物足りない歌詞になってる気がする。
    なんというかひねりの効いたショートショートみたいなのよりも
    曲のつけやすい構成の詞を書いたほうが、曲を書いてもらうことをゴールにするなら正解なんだな。
    少し前みんなのうたでMy Wishって歌が話題になってて聴いたらとてもいい曲だった。
    最後までテンションを落とさずに書ききってる歌詞はすごく素敵だった。
    ただ、ひどい言い方だけどやっぱこういう歌詞はピアプロには普通に溢れてて
    曲も付けてもらえないままたくさん放置されてる。

    じゃあその放置されてる子たちとMy Wishの詞は何が違うのかというと
    My Wishにはそれを取り巻くエピソードがあるってこと。
    My Wishの作曲さんは当然それに刺激されて動かされて曲を書いたんだと思うし
    きっと書かずにはいられなかったんだと思う。
    あのメロディには作曲さんの魂が入ってるのが分かる。
    半端な気持ちで曲を書いたらいけないっていう覚悟を感じる。
    そういう作曲さんが曲を書きたくなる動機があったから形になったわけで
    ピアプロで詞先をやるなら詞の表現的なクオリティを磨くことよりも
    作曲さんが何を求めてるのかをちゃんと研究して書かないといけない。
    小説とか詩を書きたいわけじゃない。私がやりたいのは作詞。
    だから好き勝手に言葉を並べて字数を合わせて終わりじゃなくて
    曲のイメージが湧き易いような詞にしないといけなってことか。
    どうすればそんなのが書けるのかさっぱりだけどw
    曲は書けなくても自分なりにメロをイメージしてそれにあわせて詞を書く練習だな。

    2010/06/02 20:56:52 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    CDが売れなくなったとかアニメの主題歌がチャートのトップになったとかのニュースを見た。
    こういう話題になるとCD買いたくなるような曲作れって言う人が現れるけどそういう人は
    どうせ一生買わないだろうからこっちからお断りします。って誰だ私はw
    だって盆栽買って欲しいなら買いたくなるような盆栽作れって言ってるのと同じ。
    その気も無いのに理屈を言ってるだけ。
    そんな人たちは放置するとして、やっぱ今までと違うことをやらないといけないし
    あとリスナーというか音楽に興味を持つ人が増えないといけなんだろうなって思う。
    ミクのムーブメントとかピアプロみたいな活動は新しい動きとして刺激的なはずなのに
    たぶん業界のメインストリームにいる人たちは色物として見てる気がする。
    アニメ曲がトップになったのもアニメ(笑)とか絶対思ってるはず。
    昔ならJPOP聞いてた世代が音楽意外に興味を持ったりアニメ見たりしてるから
    起こってる現象なのに違法ダウンロードがどうのこうのとか
    お客さんを泥棒扱いする業界が健全な精神状態だとは到底思えませんのよ(だから誰だ私は)

    CD売れないって話で必ず話題に出るのが「もう新しい音楽性は生まれてこない」ってやつ。
    あー腹立つw懐古厨のやっかみ?wもし純度100%の新しい音楽性を持った曲があったとしても
    誰もその曲を新しい音楽性だと理解することはできない。だって自分のモノサシで測れないから
    異質なものにしか見えないはず。そこから進化し続けて「あれ?これ○○○のパクリじゃね?」って
    言われるようになって初めて浸透を開始するレベルになるんじゃないのかなあ。
    だから実際今だって新しい音楽性は沢山生まれてるんだと思う。

    ピアプロで創作したりいろんな創作物に触れるのはとても楽しい。
    小学校とかで作曲のやり方を教えればいいと思うのですよ。
    きらきら星のサビだけ自分の好きな音に変えてみましょうとか
    サビのどこかに1つだけ音を加えてみましょうとかそのぐらいで十分だと思う。
    音楽に対する見方が変わってしまうはず。音楽って受け取るだけじゃなくて
    自分から積極的に関わってもいいものなんだって。
    作文は教えるのに作曲は教えないってずるい。教育って文系体質なんだろうな。

    2010/05/08 17:25:48 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    歌詞募集の作品を探す

    気に入った音源を見つける

    詞を当てる

    むう、この「気に入った音源を見つける」って段階のことをちゃんと考えないといけない。
    気に入った音源を見つけたとして、それは所詮「私が好きな曲調」として気に入ってるのであって
    私が書く詞の雰囲気と合ってるとは言えないのではなかろうか。
    書いてる順番がおかしいぞ。えーと、自分が書く詞がどういう雰囲気を持っているのか
    ちゃんと理解したうえで詞を当てる曲を選んでいるのだろうか。
    私は実は和食が得意なのにパスタが好きだからイタ飯ばっか作ってる・・・みたいな
    感じになってる危険性があるのでは。
    好き嫌いしないでいろんなジャンルの曲に詞を書いて勉強しなくちゃいけないのかも。
    作詞に限らずいろんな勉強したこととか何の役に立つのかずっと考えてた。
    何の役に立つのか分らないから勉強するってことらしい。
    国語を勉強して語学に興味を持って外国に行ったりとか、化学に興味を持って
    新しい薬を発明したりとか、私の未来にどれが役に立つのか分らないから
    広く浅く知識を増やして、その知識を役に立てる方向に持ってくのは私自身なんだそうだ。
    でも苦手なジャンルの曲とか詞を考えるの辛いだろうなあ。
    せっかくの趣味なんだからラクして楽しくやりたいよ。
    ただ、もし苦手ジャンルの詞を書けば今よりもっと作詞がうまくなるって未来がわかってたら
    頑張れるかも。ま、カレーの味はカレー粉が決めるわけじゃないしね。
    何か自分なりの曲選びのルールを決めてやるべきか。
    今年は保留になってるネタの吐き出しがあるから来年からかな。
    作曲に手を出すとか10年早いっつーのw

    2010/05/03 03:39:52 from: masaki1215さん

  • masaki1215さん

    その他: メモ帳

    歌詞募集してる曲に採用されたいろんな詞を読んで勉強させてもらってるんだけど
    へーその詞を採用するんだって思うことが多い。
    デジデジした曲調なのに中二病的な詞が選ばれたり
    優しい曲なのにものすごい難解な詞が採用されたりしてる。
    もちろん作曲さんにも詞の好みがあるだろうし
    作曲さんが選んだ作品が正解ってことなんだろうけど、なんというか
    やっぱ一生懸命作った曲だから、どうしても手の込んだ作品を
    選びたくなるというか、そのへんは冷静でいられないんだろうなと思う。
    いわゆるプロの曲は意外にとがってないよね。
    そのかわり全体のバランス?(うまく言えない)とかにすごく気を使ってる気がする。
    素人はそのへんの経験が浅いから不安になって濃いほうに流れるのかな。
    だからニコのランキングがあんな感じになるのかもしれない。リスナーの責任でもあるけど。
    作曲するセンスと詞を選ぶセンスって別物なのかもな。
    こんなこと私が考えても意味ないけどw
    完成度を目指すなら自分で作詞作曲するのが一番いいんだろうけどね。
    自分で作曲まで出来るようになったら、自分の好きな言葉を好きなメロディで
    歌えるわけで、そうなると別にここに居なくてもいいってことになる・・・のか?
    それはそれで寂しいのうw
    頭の中では3曲ぐらいメロとかオケが鳴ってる。パクリまくりのフレーズだけど。
    アウトプットする方法が無いぜよ。来年は作曲にも挑戦してみようかな。DSでw

    2010/04/29 23:35:43 from: masaki1215さん

  • クポクポさん

    その他: 秘密のひみchu☆

    再度のメッセ失礼します。
    おまけ部分に使用した画像が原因(おそらく)で、元動画が削除されてしまったため、
    画像削除の上で、再アップしました。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm10138413
    万が一、また削除されてしまった場合は、私のマイリストから飛んで下さい。
    お手数をおかけして申し訳ございません。

    2010/03/24 03:00:26 from: クポクポさん

  • クポクポさん

    使わせてもらいました: 秘密のひみchu☆

    ご無沙汰しております、クポクポです。

    歌詞のご応募頂いた作品が完成しましたので、ご報告に参りました!
    今回は残念ながら不採用となりましたが、感謝を込めてスペシャルサンクスにお名前を入れさせて頂きました。
    同時に、おまけのラブタモさんの方で歌詞を採用させて頂きました^^
    よろしければご覧くださいませ。

    【初音ミク】Dreamy Love【+おまけネタ】
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm10136639

    2010/03/24 00:43:57 from: クポクポさん

▲TOP