TUCCAさん

TUCCAさん

ujisoma1004

Twitter:@tucca1004pate
制作作品一覧:https://note.com/tsukae_lyrics/n/n4f7f5ceb29f3
Niconicoマイリス:https://www.nicovideo.jp/my/mylist/63365837

習作的なのと作った曲のオフボはこちらに、作曲者を募集しているオリジナルの歌詞は管理しているコラボに投稿しています。コラボ外に投稿してあるものも曲をつけていただいて構わないので、その場合はコラボ加入、メッセージ、TwitterのDMのいずれかで先に連絡を下さい。曲に合わせた詩の補筆/改稿も受け付けます、その場合こちらで案を提示しますのでお気軽に申しつけてくださいませ。
依頼も受け付けております。

こちらのアイコンはべくとるさんに書いていただきました。本当にありがとうございました。

もっと見る

依頼受付中

少しでも興味を持っていただけたら、気軽にお声がけ下さい!
コラボ等喜んで参加させていただきます!

最終更新日時:2018/04/25 23:34:51

ピアプロバッジ

SNSアカウント

フォロー(44)

  • pudding_
  • りるね
  • ttmywrk
  • かず
  • wren
  • Musumi 夢菫 
  • 碧井 廃音 作業消化中
  • SoTaRo
  • 氷月 霰
  • 餠()
  • 九鞠
  • くりたゆき

フォロワー(42)

  • pudding_
  • オリハラキリエ
  • zeolite
  • りるね
  • ttmywrk
  • wren
  • 化学基礎P
  • 湯島結代
  • SoTaRo
  • 餠()
  • くりたゆき
  • りょーが

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

衛星のかたちで

『はじまり』 青い光だけが満たす狭い部屋で 何かが始まるように必死にもがいている 蛹を割って這いずり出た蝶の羽は濡れそぼったまま 今日永い日が暮れてまた宵闇が僕らの心を匿しても夢は流れ続けている 音がしている 呼吸だ 春の呼吸だ 街の隅を海原を星の塵を呑み込んで広がる波状胎動だ 生まれてくれきみ 生まれてくれ全ての嬰児たち 生まれてすぐ僕らが取りこぼしたあらゆる循環のはじまりを真直ぐ一本の木のように立ててくれ 寓意と命名の始原へと意味をもとめる姿が この星の周回軌道上をめぐる衛星の形をしている 2021/09/05 『辰動の軌跡』 そこにある人は神話を描いた またある人は魂を見遣った 彷徨える人は導きを願った みんな 優しい顔をしていた 辰動とは 最果てが吐き出す夢の飛沫 それを運び行く星の動き 限りなく近づき また離れる 掠めた頬の一瞬の煌めき 辰動とは つまり ただ見上げる人の祈り それを飾り、去る 星の願い あの日 星空は涙流した 降り注ぎ さんざめく 降り注ぎ 割れる そして 運命の綻んだあと ただそれは音楽にとてもよく似ていた あの日 星空は涙流した お互いに知らない誰かのために やがて ひとつの巨きな光 ただそれは音楽にとてもよく似ていた 2021/07/28 『地中海風の黄昏』 一日の最期におまえは名前を失くしたものたちを胸に憩わす 今黄昏にあっておまえの稜線は水平線そのもの 時間が帰り着くべき場所と覚える 鳥の影 指の影 みな帰る 風の影 街の影 家々の窓に炊事場の皺がれた手に鮮血が宿る 誰が企もうか このような鮮やかな色彩で生命の尽きるひとときを象ることを ひとは終わりについてあまりに知らない ここに誰のものでもない夕暮れが横たわっていて無力 2021/10/05 『瞳の比喩』 ようやく会えたような 初めて会ったような 想いは巡る 夜が来るたびに この森のどこか 一本の杉の ひとつの梢から一滴の雫が落ちて その雫が花びらを濡らした瞬間 花が夜にきらきらした香りを投げかける それすら感じるような透明な闇に 永遠の瞳のような月が大きく浮かんでいる 月の面はまだ至らぬ人類のための墓標 一身に言葉を受け容れるための水面 遠い昔にかけた梯子は外しておいて 透明であるところの騒がしさをもって 真実の声を遠ざけようとする 今は 2021/10/12

7月以降に書いた詩作品を纏めました。
投稿日時 : 2021/10/12 11:24
▲TOP