香水瓶のみるゆめ

投稿日:2021/07/11 15:54:36 | 文字数:284文字 | 閲覧数:28 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

好きな人の手紙に、
香水を振りかける時の
気持ちをポエムにしました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

香水瓶の中には
君と見たかった夢が

小花の咲いた小道
風になびく髪
首すじに君からのキス
指先に キス

わたしの夢は
いつもシャボン玉みたい
パチンと弾けた

君に書いた手紙に
わたしの香水

小さなキスを
君にするようにふわり

君も
手紙にキスをして
ベッドの上で

わたしを
思い浮かべて

香水瓶の中には
キラキラがいっぱい

君がわたしを
抱いて
髪をそっと撫でてくれて
香りを吸い込むの

君に会いたい
君の温もりが恋しい
大きな背中 手のひら
甘い瞳 甘い声

香水瓶の見る
ゆめの中

花瓶の花のように
静かに黙ったまま

夢になる前に
会いたくて

出戻りです。
以前のアカウント作品はこちら⤵︎
https://piapro.jp/sarihw

詩を書くのが好きですが、
書くのが苦手で遅いです。

フォロー、読んでくださり、
ありがとうございます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP