恋に落ちる

投稿日:2021/06/22 13:41:04 | 文字数:705文字 | 閲覧数:521 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

時を巻き戻せても もう戻れないの
求める 毎日を 我等に与えたまえ
君といるよ いつでも 愛が欲しいから
どうすれば良いかを考えて時が過ぎる
期待のある素晴らしい日を手に入れてよ

彼女は大人しく言う
何があっても誠実でいて欲しいの
ずっと続く恋はいっそそのまま愛になれよ
愛に生きて死ねるのとかは解らないまま
後を引きずらないようにしなければやってられない

飼い慣らせない衝動が牙剥いて
胸に渦巻く恋心に目眩を覚えてる
君といれば幸せになれる気がするよ
思えらく それはいつ起きる時の事

訳が解らなくなっては さ迷って
君がいないといけない位解っている
あっという間に君が消えても何もおかしくない

情けや心がある者のままでいさせて
しゃらくさいことを宣うことに酔ってから潰れた
どうでも良いことを言ってもどうしようもない


自信を持てよ自己責任で
どうせなら君の胸に飛び込みたい
なるようになる為になすべきをなす
どこにも行けないなら出口を探すの
あるがままを受け止めらるのならいいね

訳の解らない方に段々迷って
後付けで作る未来も悪くない
闇にある過去は光に消えて行くよ
格好つけた名台詞を生んでおいてきめよう
未完成のピースを探して辿り着ける 完成にと

飼い慣らせない衝動が牙剥いて
胸に渦巻く恋心に目眩を覚えてる
君といれば幸せになれる気がするよ
思えらく それはいつ起きる時の事

二人の関係以外の拠り所失う
明け残る月が冴えて二人を照らす
傷付け合わずに仲良くなりたい

堕ちる恋 互いの関係以外を失なう
禁じられた遊びの中で夢中にもがくの
あっという間に君が消えても何もおかしくない

趣味で作詞。MECRE利用。短歌サイト新アララギでも投稿。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP