あの声を

投稿日:2017/07/25 13:05:42 | 文字数:560文字 | 閲覧数:344 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
まだ春は遠い 冷えた空の下
どこにも行けない私がいる
飲み込まれたまま 暗い海の底
二度とは会えないあなたがいる
B
悲しみに濡れた袖で 頬を拭っても
後から後から零れ落ちて
零れ落ちていく
S
返事をひとつください
苦しくないよって 元気でいるよって
じっと耳を澄ましているから
もう一度あの声を聞かせて

優しくて 優しくて
泣きたくなるほど温かい
あの声を

A
光を求めて 祈りを捧げて
疲れて凍える私がいる
季節は巡れど 景色は変われど
あの日と同じあなたがいる
B
あるはずもない奇跡が まぶたを焼いては
後から後から剥がれ落ちて
剥がれ落ちていく
S
返事をひとつください
大丈夫だよって 隣にいるよって
たったひと言だけでいいから
もう一度あの声を聞かせて

優しくて 優しくて
泣きたくなるほど温かい
あの声を

C
悲しみを忘れたなら
幸せを忘れたなら
あの日々を忘れたなら
そんな寂しい「もしも」を重ねて
私は生きています
今を生きています
あなたの代わりに、あなたの分まで
生きていきます

だから、最後に

S
返事をひとつください
安心したよって もう行くからねって
そっと耳を澄ましているから
もう一度あの声を聞かせて

優しくて 優しくて
泣きたくなるほど愛おしい
あの声を
あの声を

エブリスタ 小説「愛をうたにして」
https://estar.jp/users/105143114/novels
歌詞をまとめてます。

趣味で作詞をやらせていただいております。ナツキと申します。
曲募集は一応しておりますが、どちらかと言うとこちらが詞を提供する、使っていただく、という形になるかと思います。こちらから作曲について何かを指定することはいたしませんが、質問や歌詞の改変などは随時受けつけております。もし使いたいという方がいらっしゃれば、お気軽にお声掛けください。
※「曲募集中」のタグがついている作品に限ります。
※歌詞の提供は無償です。
※作曲希望の方にメッセージをいただいた時点で募集を締め切らせていただいておりますので、できるだけ事前にご連絡くださると嬉しいです。この際、途中で取りやめていただいても大丈夫です。

それでは、よろしくお願いいたします。


2012年3月作詞活動開始
2016年3月ピアプロ登録

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP