夏の終わり、恋の終わり

投稿日:2021/10/19 20:35:09 | 文字数:665文字 | 閲覧数:30 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空の青と同じ色
君のスカートの揺れる裾
「それじゃバイバイ」
いつも通り言うから
「また明日ね」って返したの
君は「違うよ」だなんて
変わらない笑顔だった

雲の中に吸い込まれて
出逢えた日に戻れたら
君に恋をした僕に
君はまた恋するかな

涙が出た理由は
乱反射する陽射しが
目に痛かったからだよ
耳を塞ぎたくなったのは
蝉が五月蝿かったからだし
別に全然君のせいじゃない
僕だけが悪いのだし
夏の終わりを告げたのは
恋の終わりを告げたのは
他の誰でもなく一番に
大好きな君でした

空の色と同じ模様
僕の心は曇天で
「それじゃバイバイ」
頭の中で響いてる
まだ隣に居たかったよ
君は「ごめんね」だなんて
変わらずに冷静だった

どこまでも飛んでって
ここじゃない世界でなら
僕に恋をした君に
僕はまた逢えんのかな

胸が痛む理由は
脳の隙間にまでも
染み付いてるからだよ
忘れてしまいたくなったのは
目で追っちゃうからだし
別に全然君のせいじゃない
僕だけが悪いのだし
夏の始まり報せたあの
花火が散ってく

宝石ほど綺麗ではなくて
雑草よりありふれてなくて
小さな星と月が並ぶような
ささやかな幸せをくれた
そんな恋でした

胸が痛む理由は
忘れてしまいたくなったのは
君のせいだ

涙が出た理由は
乱反射する陽射しが
目に痛かったからだよ
耳を塞ぎたくなったのは
蝉が五月蝿かったからだし
別に全然君のせいじゃない
僕だけが悪いのだし
夏の終わりを告げたのは
恋の終わりを告げたのは
他の誰でもなく一番に
大好きな君でした

失恋・片想いの歌詞多め。
投稿した歌詞は常時、作曲募集
元ピアプロ名闇猫R

上手い下手とかじゃなくて、自分が書いた文章が好き。なので私は書く。他の、私の文章が好きな人と出会えますように。

※考えながら書く→読み直しなしで投稿のため、誤字脱字等は気づき次第修正

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/22

もっと見る

▲TOP