「立ち上がる言葉」

投稿日:2021/01/26 20:08:09 | 文字数:750文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

作業中にて

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A1
毎日が 好きな時間に起き  
毎日が 当たり前に食べて
変わりのない 仕草のなか
なにも考えず 食べている

A1'
気がつけば 学び舎に行く
気がつけば 仲間と共に歩く
具体的に 未来のことなど
あまり考えず 過ごしてた

B1
まともに 先生の話なんて
真剣に聞いたことがあるのだろうか?
ましては父親の言葉なんて煙たいだけ
良きアドバイスもあるのに
受け入れる引き出しも無い

S1
聞いたこともないような 
大地をも揺るがす音響に
わずか数秒の出来事でも
長く感じた時間と恐怖
身体に響く音が消え去ったら
陸の孤島に変わり果てていた…

A2
毎日が おかしくなりそう
毎日が 誰もいない景色
変わりのない 喪失感の中
考えたくない 「全滅」に

B2
これから どう過ごすのか分からず
時の羅針盤が全く動かない
思考も身体も固まり始めていた先に
親父が僕を探しにきて
なにも言わず抱きしめていた

S2
今まで見た事もないような
父親の鋭い視線に思わず
声をかける事さえためらってた
「こういう時こそ人間が試される」
手際よく作業する姿に僕は
「立ち上がる言葉」を感じていた…

C
暗闇に隠れていた「希望」という言葉
少しずつ光が僕に照らし始めている
どんなに苦しくても どんなに悲しくても
ココロの支えになっている言葉は
粗末なんか出来ない!

ラスS
目の前に生きる炎が見えてきた
身体中に温もりが伝わってくる
たった1つの事さえ出来ない僕は
改めて父親の存在の大きさに
過去を忘れ目の前の背中が語る
「立ち上がる言葉」がそこにあった…

Ed
あれからどれくらい経ったのか
今を大切に生きているのか
僕には分からないが それでもこの背中を
新しい世代が何かを感じ語ってほしい…

ニコニコ マイリスです➡️http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/48286587
ついったー @Katm18M
私は作詞のみですが、楽曲を提供およびコラボしてくれる方がいればメール下さい。「曲募集」にまとめています。
ヲタ乙さんのCD制作に、歌詞を書かせていただきました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP