夕枯れの空(歌詞)

投稿日:2015/10/17 19:12:19 | 文字数:355文字 | 閲覧数:1,097 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

触れ合う言葉に意味などは無い 例えるならそれは雪のよう
降り積もる声は心の隙間に溶けていく
放課後教室に鐘は響き ありふれた今日の終わりを告げる
灰色の街に西の空深く離れていく

そんなことばかり今も考える
そんなことばかり今も思い出す

夕暮れ電車に揺られ一人 青く鮮やかな夢を見ていた
止まない耳鳴り虚ろな世界に暮れていく

そんなことばかり今も考える
そんなことばかり今も思い出す

夕枯れの空は灰に染まり 追憶の彼方消えた光
交わした約束も色を無くし 途方に暮れただ立ち尽くし
それでもまた日々は繰り返し 何度も何度も君を想い
雪解けの涙に花が咲く時 私は全てを受け入れられるだろう

そんなことばかり今も考える
そんなことばかり今も思い出す

そんなことばかり今も考える
そんなことばかり今も思い出す

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP