君が大人になる頃に

投稿日:2021/06/03 17:18:33 | 文字数:144文字 | 閲覧数:1,900 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

子供でいたい気持ちと。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

懐古の灰が注がれるとき
胸には銀の花が咲き
敬虔な日々が欺かれれば
慈しみさえ空虚でしょう

凡ゆる日々が愛を喪い
羨道辿る束の間を
夢のようだと微笑むならば
この痛みさえ明日の夜に

目蓋つんざく残光を
睫毛を撫ぜた弔いを
唇添えた約束を
棺には花を焼べるのだろう

君が大人になる頃に

気まぐれに書きます。
好きに扱ってください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP