「悪ノ召使」 替え歌 ~悪ノ娘視点~

投稿日:2009/02/16 19:23:26 | 文字数:677文字 | 閲覧数:712 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

mothy_悪ノP様の「悪の召使」の替え歌になります。
私の勝手な解釈のため、不快感を覚える方がいらっしゃると思います。
mothy_悪ノP様のご指摘がありましたら、すぐに削除させていただきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

私は王女 君は召使
運命分かつ 哀れな双子
君の側にいるためだけに
私はこの手を伸ばし続ける

期待の中二人は生まれた
教会の鐘に祝福され
醜い大人たちのエゴで
二人の未来は悲しく裂けた

たとえ世界が私を
「悪の娘」と呼ぼうとも
私は傷つかないから
だから 君も笑ってて――

私は王女 君は召使
運命分かつ 哀れな双子
君の側にいるためだけに
私はこの手を伸ばし続ける

隣の国へ出かけたときに
君は 何かを見つめていた
君の視線を追うと そこでは
青の王子と女が笑う

もしも 王子が私より
緑の女を選ぶなら
私はそれを邪魔するわ
どうしてそんな顔をするの・・・?

私は王女 君は召使
運命分かつ 狂おしき双子
「今日のおやつはブリオッシュだよ」
泣き腫らした目で 君は笑う

もうすぐこの国は終わるだろう
革命軍がそこまで来てる
これが報いだというのならば
逃げ出すのは 諦めましょう

「ほら 僕の服を貸してあげる」
私はそれを受け取った
逃げ出したかったはずなのに
どうして?涙が止まらない

君は王女 私は逃亡者
運命分かつ 悲しき双子
止め処無く涙は出て来る
君の声はもう聞けないの?


昔々あるところに 悪逆非道の王国で
悲しき運命を辿った
とても可愛い 双子の姉弟

たとえ世界が私を
「悪ノ娘」と呼ぼうとも
私は傷つかないから
君と一緒に生きたかったよ――・・。

私は王女 君は召使
運命分かつ 哀れな双子
君の温もりを失って
私ハ何処ヘ行クノデスカ――


「もしも 生まれ変われるならば
  その時はまた遊んでね・・・」

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP