「過ぎて行け」 歌詞

投稿日:2017/11/07 19:54:13 | 文字数:513文字 | 閲覧数:4,755 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

バスを待つ
まだ雨は止まなくて
行っちゃった
小さな背中はもう見えない
隅に咲く寂寥感を摘んだって
この時間が止むはずなくて
また次の傘を追いかける

さよなら
窓を叩く雨の音は
聞こえないさ
ありがとう
今まで君と歩いた道が
過ぎて行く

ユラユラと
まだバスは僕を揺らす
泣いちゃった
君の顔が脳裏に焼き付く
傘を伝う滴が落ちて
ちょっとずつ水溜まりができていた
ただそれを眺めることしか

あのバス停のアナウンスだけ
なぜか聞こえてきた

なぜだろう
震える声に嘘なんて
なかったのに
それなら
もういっそ僕の後悔を乗せて行け
どこか遠く

灰の雲が圧し潰す

また勘ぐる僕に
「いや違うよ」って
ただ遮って欲しかっただけだ
嘘ついてないくせに
君が去り際にごめんねって
謝らないでよ
それがずっと
奥の方に引っかかって
ひたすらに声を殺す

なぜだろう
君が僕にあの話を
してくれたのは
なぜだろう
とまりますボタンが押せない
押せるわけない

なんでずぶ濡れのまま
歩く君に気づいたのだろう
通り過ぎるその3秒間に
涙、頬を伝う
さよなら
窓を叩く雨の音は
聞こえないさ
ありがとう
今まで君と歩いた道よ
過ぎて行け

絵描いたり音楽やったりしてます
http://www.nicovideo.jp/mylist/54581591

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    大好きです!これからも応援してます!

    2018/12/12 17:19:34 From  kazue1011

▲TOP