歌と花束

投稿日:2021/03/05 12:44:44 | 文字数:435文字 | 閲覧数:601 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

編曲の際の歌詞改変は問題ありません。
タイトルは仮称です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

どこまでものびてゆく
飛行機雲を追いかけて
鳥になれる気がした
心かるく羽ばたいてく

木漏れ日のあいだを
すり抜けながら行く
風に新緑のにおい
深呼吸したら
足あとに花束

もう一度だけ会えるなら
この歌を 届けにいくよ 今
両手では 足りないくらい
あふれる気持ちを 抱えているから

la la la la la la la la la la la la...



やさしい夕焼け空
混ざりあう色にとけてく
まぶたの裏にいつかの
景色が鮮やかに映る

忘れそうになっても
抱きしめているから
グラデーションの向こうに
あるはずの明日を
見つけに行こうよ さあ

もう一度だけ会えるなら
この歌を ただ贈りたい
この とめどない 心の音を
きれいに包み 歌の花束に


もう一度会いにいく
この歌を 届けたいから
ただ あふれだすこの気持ちを
奏でる歌の花束を

la la la la la la la la
la la la la la la la la...

テキスト分野(作詞)に興味があり登録させていただきました。
歌詞を投稿しています。
応募用以外は曲募集中です。
曲先、詞先どちらも可能です。
よろしくお願いいたします。

(別場所では短歌や短編小説創作をしています。)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP