SIGN

投稿日:2020/02/04 10:39:47 | 文字数:377文字 | 閲覧数:31 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

寒い朝 変わらぬ景色 見慣れた坂を上った
昨日までそばにいた君 どこか遠くに感じた

張り詰めた空気を破った ピアノの音に押されて
歌の意味もわからないまま過ぎた日々を思ってた
 
名前を呼ぶ声 震えて途絶えた 
とても長い沈黙の理由を 体中で受け止めた 
 
たとえどんなに君が遠くなっても
僕が君を見守ってるよ
胸に空いた隙間の場所 埋められるのはきっと僕らだ

明日が君に冷たくしたら
僕は絶対 許さないから
どんな印も見逃さずに そばに飛んでいくよ

もしも未来にたった1日
運べるとするなら
僕は君と泣いた今日を
ずっとずっと大切に連れていく  

たとえどんなに君が遠くなっても
僕が君を見守ってるよ
胸に空いた隙間の場所 埋められるのはきっと僕らだ

明日が君に冷たくしたら
僕は絶対 許さないから
どんな印も見逃さずに そばに飛んでいくよ

ライセンス連絡は不要ですよ♪使ってください(><)/

[ニコニコ動画]
https://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/63521906

[youtube]
https://www.youtube.com/channel/UCY56k4Yj35Dj-1nQ1yG7kNw/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • SIGN

    by okaさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP