本当の気持ちなんて分からない だけどあの時間の言葉に嘘はなかったはずだから

投稿日:2009/12/17 18:41:58 | 文字数:574文字 | 閲覧数:26 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:


ちょっとした体験談(´∀`)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


君の言葉を 忘れない

たとえそれが

偽りで 埋め尽くされていても

一瞬でも 真実だと

思った自分が ここにいて


その言葉に 涙して

心を揺るがせた

君の言葉だから


また同じ言葉を言われれば

同じ言葉を 返すでしょう

偽りのない 本当の気持ち

君に 伝えたいから

いつか 伝わると願いながら

叶わないと知っていても

嘘だけは つかないから


君の言葉を 忘れない

君の言葉を 信じてる

君の存在が 理由になる

君の笑顔が 私の幸せ

君の涙が 私の力になる


偽りと真実は

いつも隣り合わせ


君の言葉を 忘れない

そのどこかにある

希望を見つけたい

真実の言葉がすべて

闇に染まる前に

君を救いたい


差し延べる その手が

私じゃなくてもいい

君に光が満ちるなら


ただただ

遥か遠くの

誰にも見つからない

太陽の後ろで

君を見守り続けよう


朝は何も 知らないふりをして

夜は密かに 闇を照らす星

小さな小さな そんな星

月に隠れて

見守り続けよう


君が本当の

心からの しあわせ を

手にするまでは

この身が 朽ちても

心からの しあわせ を

手にした その時は

君に

心からの 祝福 を


いっぱいの えがお を

ありがとう と...

作詞大好き!!音楽大好き!!
唄大好きレンくん大好き!!

だけど曲作れません(´;ω;`)
歌詞ならポンポン浮かびます(´∀`*)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP