パレード 歌詞

投稿日:2021/04/22 22:28:21 | 文字数:562文字 | 閲覧数:685 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

この世界にはもう用は無いんだ
良かったらあなたが終わらせて

煩いほど鳴る胸は愛を飼っていた
今さら夢に見る

たまに最低な日々を君と演じたくなるの
たとえどんな未来に居ても

夢の再会の意味と 君を失った後の轍
酩酊の日々をずっと

どうかあなたでいて 徒らに心を預けないで
空っぽのままで僕を見て

どうか離さないで 掴んだ命だけ愛と呼んで
君だけの傷を僕として
癒えないで

転がるように咲く花は
もう慣れっこの痛みを繰り返す

面映ゆいけど生きていこう
この世界をふたりで擦り抜けよう

たまに最低な日々を今も信じたくなるの
たとえどんな姿としても

やがて散っていく春と 君に追悼の雨を降らそう
どんな空でもきっと

夜が君に似ていて 私の命まで愛を溶いて
甘ったるい夢で火を焚いて

それをふたり囲んで やがて知る終わりを解凍して
踏み出せないまま夜を引き裂いて

君がいなくてもどうせ春は来るんだろう
きっと馬鹿らしくなるな

僕を繋いでよ ぎゅっと
君と終わる世界でも 呼吸を

どうかあなたでいて 巡り会う心も灰になって
思い出のままで僕を見て

どうかあなたでいて 徒らに心を預けないで
空っぽのままで僕を見て

どうか離さないで 掴んだ命だけ愛と呼んで
君だけの傷を僕として 
癒えないで

消えないで

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP