Voice

投稿日:2015/06/24 16:19:34 | 文字数:324文字 | 閲覧数:330 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

逢いたいと願えば全て壊れてしまいそうで
歌う私には君に声すら届かないんだろう
抱きしめてくれた日も今は遠くなるだけ
この心、空っぽな言葉の雨を降らす
でも夜空に冷たくなる光は
淡い夢、君だけを照らす夢、思い出して

独り眠る心は寂しさに溺れている
逢いたいと願うほど君のこと忘れそうで

確かに触れていたの 温もりに溢れてた
優しさに溺れてた 独りよがりの愛に

君に出会った私の最後のあの日
思い出せば心はむせび泣くほど痛むわ

確かに触れていたの この体冷めてゆく
涙に溢れていた 哀婉の最後の日

今すぐ忘れてよ 君にはもう逢えないから
今すぐ忘れて 他の道を歩みだして

全ては夢の中へ 愛してもそれは幻想
悲しみは痛いから 私はもう眠るわ

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP