雨に濡れる石畳
季節外れの酒場
言葉少なな旅人は
静かに杯を空けていく

卓を照らすランプ台
街道外れの宿場
娘のかすれた歌声に
静かに昔を懐かしむ

娘は歌う童謡を
毎晩同じ歌声で


露に濡れる窓ガラス
調子外れの雨音
言葉失くした歌姫は
静かに床をととのえる

闇を照らすロウソク
刻限外れの屋根裏
父の形見の人形に
静かに歌を響かせる

娘は歌う童謡を
毎晩同じ歌声で


繰り返される日常に
見果てぬ夢をあきらめて
忘れられない思い出を
ただ人形に歌うだけ

歌うことしかできなくて
歌う仕事を手に入れた
罪なき娘の人形の
よくある哀しい物語

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい

歌姫

閲覧数:123

投稿日:2013/01/10 01:25:32

文字数:276文字

カテゴリ:歌詞

クリップボードにコピーしました