星の海、ボトルメール

投稿日:2012/06/01 16:22:01 | 文字数:553文字 | 閲覧数:166 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

生まれたての言葉 色も形もなく
今に壊れそうで それを瓶に詰める
まだ空っぽな海に 流れる言葉ひとつ

一人きりの星に 言葉は流れてく
波に飲まれながら 色を変えて揺れる
ここから離れて行き 誰かへ近づいてく

この言葉は流れて どこかに行き着くでしょう
それが君だったなら 嬉しいよ ねえ

瓶詰めの言葉は広がっていく 星の海そのままに
いつか誰かに届けと 揺れながら進む

星の数を数え 少し前に進めば
ふたご座の辺りで 先の長さを知る
言葉はとけ出して 私は溺れてく
小さな瓶詰の 大きな海に沈む
波に削られながら 何かを怖がってる

私たちは流れて どこかに行き着けるの?
揺れる景色だまされ 苦しいよ ねえ

大切な言葉を失いながら その意味を忘れてく
傷一つない心は 私を沈めるから
心を置き去りに私は進む 星の灯台も消えて
止まることだけ恐れて 船酔いに揺れる

空は回り 星は落ちる 止まり方も知らずに
ここ以外のどこかを夢見て
船酔いと正夢と 潮騒のはざまを揺れて進む

星まで飲み込んだ私の言葉 たどり着いた星の巣
私の放つ言葉は 全てを包むメロディ
虹色に輝く 言葉はあふれ もう君も聴こえるでしょう?
今吹く風に帆を張り 終わりのない星の海を
つたなく気まぐれな波と どこまでも進む

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP