彼岸花の咲く終点

投稿日:2019/11/18 09:17:16 | 文字数:388文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

C97にて頒布予定のCDに収録されている楽曲の歌詞になります
こちらはフルバージョンの歌詞で、ボーカルはIAです
ショートバージョンのみ一般公開しています
ショートバージョンのボーカルはミクです

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

悟ったのはいつだっただろうか もう10年も前だったろうか
あのとき僕は思ったんだ もう諦めるしかないと

朝がいつも辛かった 外に出るのが怖かった
でも僕は見つけた 線路に咲く彼岸花を

黄色の君は優しかった 僕はとても支えられた
僕は間違っていたんだ 人は一人じゃ生きれない
孤独なのは勘違い でも僕はいつも独り
僕は僕しかいない そう僕はいつも一人

決めたのはいつのことだったか つい最近のことだったろうか
そのとき僕は分かったんだ もう諦めるしかないんだと

夜もいつも怖かった 家にいるのも怖かった
だから僕は見つけた その花の持つ意味を

待ち焦がれて ただ独り思ってた
また会えると 悲しみに浸って

白い君は一途に馳せた まっすぐに僕を捉えるの
赤色の君は素直で 誰にも流されていなかった
不吉なのは勘違い ただの古い考えだから
重要なのは 自分と向き合うこと

東方Projectのアレンジをメインにボカロオリジナルを作ります
いつか有名ボカロPになれる日を目指して
YouTube https://www.youtube.com/channel/UC44TlqXwBoP8GJTdiSRbczw?view_as=subscriber

niconico https://www.nicovideo.jp/user/71318663

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 彼岸花の咲く終点 ショートバージョン

    by yuito_bemaundさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP