エンジェルブルー

投稿日:2016/06/24 15:05:07 | 文字数:266文字 | 閲覧数:425 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

僕の天使だった彼女に

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1a
べっ甲のピアスの反照
邪魔そうに揺らしてる
彼女は 栗色の髪で
白い羽を隠してた

1b
仄暗い6月の街
舞台だっだバルコニー
今でも探しているよ

1s
その真白な鼻先に触れた日
僕は夢で見た夜に出逢うだろう
ワンカートンも要らない春
カンパニュラが呼んでいた


2a
べっ甲ピアスの反照
邪魔そうに揺らしてる
彼女は 肌色の熱で
白い羽を隠してた

2b
生ぬるい白日の街
埃っぽいバルコニー
今でも探しているよ

2s
その真白な爪先に触れた日
僕は月残る朝に帰るだろう
タオルケットが遮る夏
カンパニュラが呼んでいた

作詞をしています。

[Twitter] http://twitter.com/pierce1228/
よかったら気軽にフォローお願いします。

作詞依頼はいつでも受け付けているので気軽にお声かけください。作品を使用する際には、作品の説明文orタグに「曲募集」とあるかどうか確認お願いします。

現在アイコン⇒/RAM様
他素敵アイコン⇒ざわし様/はさみ様/souonn様/たまごぱん様

もっと見る

もっと見る

▲TOP