願い事を空へ

投稿日:2010/12/06 17:12:18 | 文字数:550文字 | 閲覧数:109 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「Rain of Stars」の改訂版です。
大枠は変わってませんが、細かいところでちょくちょく変更点があります。

一応、前のも残してあります。
変わりすぎだろw

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

(A1)
君は覚えているかな あの夜の奇跡
今でも私の まぶたに浮かぶ

(A2)
君が天体観測に 私を誘った
空を埋め尽くす 一面の星座

(B)
何かを隠したような君は
意地悪な顔で笑ったんだ

(サビ)
一筋の流れ星が 空を駆け抜けた
一つだけじゃなかった いくつも流れた
「今日は流星群だよ」 君はそう言って
星の降る空を 眺めたんだ


(A1)
君は覚えているかな ふとした優しさ
春の星空は まだまだ寒くて

(A2)
こんなに寒いなんてこと 知らなかったから
私、寒空に 身を縮めた

(B)
黙って寄り添ってきた君は
意地悪な顔で笑ったんだ

(サビ)
一つの願い事を 星へと託した
一つだけでよかった 何度も唱えた
「今何か言ってたよね?」 君はそう言って
赤らめた顔を 覗いたんだ


(C)
あの日呟いた願い事は
知らなくていいよ 覚えてなくていいよ
あの日 奇跡はちゃんと起こってくれたから


(サビ)
一筋の流れ星が 君を照らして
あの願い事は 私に届いた
意地悪に笑った君は 私に近づいて
震えた体を 抱き寄せた

(サビ)
一筋の涙が 頬を伝った
いくつもの星が 空に燃えていた
空が赤く染まり 星が眠っても
私と君は 春空の下(もと)で
ずっとずっと抱き合っていた

曲→×,絵→× 誰か私の歌詞を使ってください・・・といえるほどでもない

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP