憂国の花

投稿日:2020/11/29 18:23:28 | 文字数:400文字 | 閲覧数:2,743 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

霧の向こうで
炎々と燃え立つ憂国の花
ひどく汚くただ汚く
穢れてゆくのかな

それでも雨に
君はただ佇む純白のまま
とても優しくただ優しく
微笑んでくれたから

晴れの日 船出の前の口づけが
進む道示してくれる

だって
全ての悲しみから君を守ってあげるんだ
海鳴く青い空 見上げる目に宿る炎
僕らはもっと強く清く正しく生きるんだ
弱きを守る刀 胸の奥握っていよう

渦巻く業火
人の世に蔓延る罪悪の殻
けれど優しくただ優しく
希望を捨てないで

いつの日か 桜の木にて落ち合って
どうか肩寄せ合ってみよう

だって
全ての幸せまで君を運んであげるんだ
花びらの流れる川 思い出のしぶきが舞う風
僕らは光浴びて煌めく命をつなぐんだ
永遠に切れない糸 必ずまた巡り合える

全ての悲しみから君を守ってあげるんだ
傷つき靡く旗 いつまでも信じるもの
「私は貴方を愛し貴方に愛され生きるんだ」

嗚呼...

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP