Overclock

投稿日:2022/01/27 22:21:39 | 文字数:443文字 | 閲覧数:48 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

小分けされた空気が
いつにもなく浮き出す
包まれていたパズルが
音を立てて崩れ始める

目的が何だって聞かれて
嘘ついた日々も
際限ないイメージと混ざらない
君の音楽も

僕らはいつになるか
ちらつき出すユーティリティ
君のその世界を
信じているよ

伸ばして
伸ばして
手が錆びつくまで
いつか動かなくても
少しそこに手が届くなら
伸ばして
伸ばして来てみた世界は
指し示せるわけじゃない
他人に描き示さすもんじゃない

その瞳の中
いつか君は僕と出会う

みんな眠る時間に
君と創る世界で
いつかくれたキーホルダー
何色かわからないほど焼けて

この地球の無数の隅っこの
マイノリティ2つ
際限ないイメージと混ざらない
僕の歌声も

僕らはいつになるか
ちらつき出すユーティリティ
僕のこの歌声を
信じていてね

伸ばして
伸ばして
手が錆びつくまで
いつか動かなくても
少しそこに手が届くなら
伸ばして
伸ばして来てみた世界は
指し示せるわけじゃない
他人に描き示さすもんじゃない

音楽を作っています!
ダンスミュージックが好きです!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • Overclock

    by Adomioriさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP