『あっぷ あっぷ』

投稿日:2013/10/02 23:43:40 | 文字数:745文字 | 閲覧数:90 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

忍び寄ったその日常で
嘘の嘘をほら吐き続けなよ



「やなこった」視線逸らしてため息一つ
目の前に転がる障害物の
高さなんて測りたかない
手ぶらで 気楽に ただ綱渡っている
でも
自分ぽっちの重さも支えきれてない


「まあいっか」首をかしげてため息二つ
背中丸めた影行く先の
底のソコなんて知りたかない
一人で 身軽に ただ息殺している
でも
すぐ近くのため息も防ぎきれてない



だけどどうだい?そこからのさぁ、景色は。
カメラのピンホールほど
『リアル』
見えちゃいないんだろ
だからどうだい?そこからさぁ、逃げちまったら。
息継ぎを忘れた犬かき泳者よ
目をつぶったまま泳ぎきれても
行く先はただ不安だらけだ
ワケも分からないまま握りしめてた
「いつの間にか」の産物にただ
ただ寄りかかるばかりだ。


「でもごめんね」目を伏せずに口を結べよ
目の前の転がる獲物の
理由なんて解りたかない
「ねえ許して」口を開くな目を閉じろよ
自分の中身と中身の間の
その隙間にその手ネジ込め!!



そうさどうだい?そこまでのさぁ、景色は。
期待のデカさほど
『必死』
見せちゃいないんだろ
そうだどうだい?そこでさぁ、立ち向かったら。
上下迷子の天文学者よ
池に映った星数えても
指伸ばす先さえ見当違いだ
有りもしないモノ望み続けて
「知らなかった」の逃げ口上じゃ
望み事すら消え失せて行く。


忍び寄ったその日常で
嘘の嘘をほら吐き続けろよ
抱え込んだ息苦しさで
追い求めた無駄な努力で
足掻き続けたその細胞で
握りかえした理想の隅で
いつか亡くした輝いてた日々
見失った大切な人
もう戻らない
もうかえらない
通り過ぎた日々も忘れて
嘘の嘘をほら吐き続けなよ

嘘と嘘でほら息続けなよ

こんにちは!はじめまして?
ご覧下さって有難うございます。
欲望のままにに描いておりますです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/21

もっと見る

▲TOP