夏夜

投稿日:2015/08/11 22:55:30 | 文字数:361文字 | 閲覧数:113 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏の暑さに身を任せて。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今宵 舞い散る夏桜
寂しげな僕らを隠す
薄紅 夕闇 愛焦がれ
綺麗に終わるでしょう

前後左右 揺られながら
人混みはそれぞれへ向かう
進む歩幅 抑えながら
いつしかと気付かずに廻る

別れの時も 言葉も
目の前にあるはずなのに

今宵 愛した君だけが
消え去った夢さえ燃やす
伏せがち まばたき 愛笑い
緋紅が残るでしょう

想いばかり 増やしてきて
再会の感動は遠く
少しだけの 予感さえも
まだまだと感傷を刻む

見つめるほどに 涙も
落ちていく速度を上げる

滲む 鮮やか残り香が
広がった視界を写す
囁き 傾き 嘘語り
目覚めてくだけなの

今宵 咲かせた夢火花
寂しげな僕らを照らす
響いて 響いて 響かせて
消えてくばかり

今宵 舞い散る夏桜
寂しげな僕らを隠す
薄紅 夕闇 愛焦がれ
綺麗に終わるでしょう

趣味で作詞やってます。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP