Distance

投稿日:2010/05/09 16:14:41 | 文字数:460文字 | 閲覧数:103 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

抱えた物は、どんな色?
”ただ震えて、壊れた”
讃えた者は、どんな顔?
”見据えた先で、歪んだ”
叶えた嘘は、夢の後?
”啼いた鐘は、止まった”

さようなら、キミの声
さようなら、僕の詩

響いた声は、誰にも届かず
道の真中で、距離だけが離れていく
季節外れの雪が足跡を埋めるよ

乾いた心に、沁み込んでは
流れて行く、面影

近づいて、離れて、繰り返しで
擦り切れて、汚れて、投げ捨てた

どれほど、歩いて、離れたか
やっぱり”恋しい”って泣いたんだ

乾いた声で、キミの名を呼んで、さあ
道の真中で、その背に手を振って、今

季節外れの、雪が足跡を埋めたら

淡い夢に、酷く溺れ
哂う、他者に、影に、怯え

卑しく、醜く、汚い僕は

それでも、それでも 触れ合っていたいと思うんだ
触れ合っていたいと

今、踏み出す足元が崩れて
またキミが離れて行っても
なら、歩くよ その距離を

振り向いたその頬に、手を寄せて
抱きしめた、この、暖かさに全てを委ねて

帰ろう?ふたり、元来た路を
帰ろう?ふたり

帰ろう。

しがないサラリーマン
休日にだらだらと曲作ってます。
大学時代にサークルでギターを少しやっていました。
まだまだ若輩者では御座いますが、どうぞ宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/PO2KD
特に面白い事も呟きませんが・・・

何か連絡等有りましたら以下のメールアドレスに御願い致します。
peorth.king.deny@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/31

もっと見る

▲TOP