ジャンクマスク・アドモニッシュ

投稿日:2014/03/08 17:14:06 | 文字数:651文字 | 閲覧数:77 | カテゴリ:その他

ライセンス:

なんてさ。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

存命ガラクタの野望は 「うざい騒音」 掻き消す事
見たいテレビも自由に見れずに ネットもしょっちゅう回線が切れる
カーテンを開ければ目に飛び込むのは リーマン、少年のサバイバル
世紀末漫画みたいな この光景にも飽き飽きして
美味いO2〈酸素〉を求める。

飛び出した この環境は
ゴミ箱同然に窮屈だ
気侭に生きてた猫の 死骸は放置プレイ
絶望した こんなに酷くなってたなんて知らなかった
出不精の自分を恨む事も忘れ、ただただ 涙を流す

苦しいや。


存命ガラクタの希望は 「人類諸君!」 大演説ヒーロー
砂嵐は消え去って 少年の振り絞る声。
ハッキング、サーチはお得意の 手先と頭だけを頼りに
探すんだ、喜望峰。 「一人よかは二人だ」
ひたすら、走り回る。

辿り着いた そのドアの前に
同じ事考えてる奴らがいた
孤独感はただの杞憂、ここにも同じ穴の狢
驚愕した 性善説が通るなんて知らなかった
猜疑癖の自分を軽蔑して、ただただ 勇気を生む

嬉しいや。



存命ガラクタの義務は 「他力本願」 たたき直す事
「おまえらのせいだ」って?だから何だってんだよ
イラついて物に当たる クソガキよりタチが悪ィな
堕落の象徴 反乱軍旗
破り捨てて、ダストシュート。


拾い上げた 数多のガラクタは
仲間同然、剣同然だ
気侭に使われてたアンドロイド 「最期のお仕事だ」
投擲した その刃、まさに「人類への戒め」。
お前らが役立たずって打ち捨てた物は、
こんなにも痛いだろう


なんてさ


なんてさ。 

一次創作をしてます。退廃的なものだったり、ヒーローだったりするものが好きです

出来ることは作詞作曲、イラストなど。

HP:http://haryua-magnolia.jimdo.com

オロナミンCが大好きです。
何卒よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP