月と廃墟 歌詞

投稿日:2013/07/07 02:56:24 | 文字数:373文字 | 閲覧数:1,247 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月はあんなに遠い 気にせず手を伸ばした 笑うなよ 本当に届くと思ってたんだ

ピントの合わない目じゃ 月に顔は見えない なんだよ 本当に一人ぼっちじゃないか

いっそこの街は全て 廃墟ならいいのかな 僕以外 誰もいないんだ 月だけが浮かぶ

キレイになりたいんじゃなくて 汚れてる事に気づきたいだけ
一人に慣れたんじゃなくて 一人しか知らないだけ
薄い月明かりが 心の隙間を冷たく満たせば
照らされて 晒されて 痛み募る 愛しい 僕の廃墟

月が落ちそうな夜に僕らは手を伸ばした
笑ってよ まだ届くと思ってるんだ

キライな 自分を 抱く世界 汚れを塗りたくれ 月が嘲うまで
孤独の意味すら忘れて しまえれば よかったのに
薄い月明かりが 青く夜を染めて 世界を溶かせば
届かないものなんて 一つもない 愛しい 僕の廃墟

そして 月が わらった

  • 月と廃墟 カラオケ

    by 神尾けい(元かおすけいおす)さん

  • 【初音ミクSweet】月と廃墟【オリジナル曲】

    by 神尾けい(元かおすけいおす)さん

もっと見る

▲TOP