FANTASIA

投稿日:2012/06/29 23:40:40 | 文字数:883文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

FANTASIA
何でも思い通り、何でも手に入る「幻想に狂う世界」をテーマに書いてみました。

うん。訳分からんwww

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

終わった この終焉
これは始まりだ
ここで俺だけで 生きていく
君の声は 聴きたくないと心を塞ぐ
壊して もういっそ
跡形も無く
その姿が 消え失せるまで

ただ毎日 過ぎる日々では
何もない それが常識で
与えられる 恋も陳腐
色彩さえ褪せて ぼやけている
錆び付いた ネジの先には
変えられない 終わりがあって
いつも同じ どこか歪む
残酷に未来へ ただ向かってく

終わってみたら こんな繋がり
もう二度と 戻せないから棄てられ
路地裏で紡いでた 何万の唄さえも枯れる
俺から奪い取った 記憶の破片が
朽ち果ててくのが 愉しい

悲しき寂れた街に 面影も無く
吠える狗に ナイフを刺した
腰の立たない 臆病者は
瞳を逸らす
両手を摺り抜けた 薄い既視感が
また下へ 逃げ出した
暗い夜 宵に抱き込まれた

蒸し返る世界も 良いけど
先にはもう 進めないな
変わり果てた 君に呟く
「ルールを守らないと こうなる」
恋愛にも 規則押し付けて
ゴミの様な愛を 愛と言う
無常なんて いつも通りだ
今に始まった事じゃ ないから

何でも叶う そんな世界じゃ
毒されてて 抗う訳がない
痛いなんて 感情に
浸かってんのは 俺らだけだけど
誰かが歌ってった 安そうな恋歌
聴き惚れてるのが 滑稽

腐り堕ちた中で 揺れる心に
何もかも 届かないなら
俺だけ居ない 世界の果てで君に叫ぶ
元通り涙も 枯れる
泣きつくし ただ突っ立って
炎天下 陽炎だけ啼いていた

遺れ(のこれ)ないなら 全部壊して
記憶さえ 上書きできると
過剰心理 支配した
ただ泣き崩れた 俺は誰だ
「誰か」と認識され 消えて逝く君に
片手を伸ばし 縋り付く

囁く全能も 君の存在に
勝てる事はない 幻想
時に埋もれ崩れ続け 未来に続く
敗れた君の写真 それは過去の物
君をまだ此処に 魅せていた
風が拐い 独り歌い続けた

溢れるこの感情 巡る軌跡も
焼け爛れた 痛みでさえも
此処に生きる 俺の証と思い進んで
いつかは見えてくる 俺の終着点
消えてった 君の為にも
終わらせる 幻想に狂う世界

使ってくださる人募集中の飽斗 零壱です。
現在体調不良のため活動を休止しております。
申し訳ありません。

寝ぼけている時はロック、ジャズ、ポップっぽい訳分からん歌詞を書いてます。
正気の時は主に皮肉った歌詞を書きます。
友人と組んで歌を作りたいと画策中…。

ツイッターフォローお気軽に。
ID okujou_livehous

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP