PARTY(歌詞)

投稿日:2020/01/11 09:33:56 | 文字数:578文字 | 閲覧数:641 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

PARTY


可愛いあの子から漏れた陰口から始まり 
「遊び感覚」という名の延長戦
不協なメロディー 心地よい西陽に
照らされた世界はまるで心を映し出したようだ

今宵お越しくださいました
皆様には大変感謝しております。
同情なんて要らない 犯した罪は痛みで償って
主催はワタクシ、 皆様の玩具として仕えた者です。
終わらないパーティを
格別な夜に乾杯を


嗚呼 気に食わない 汚れた正義に興味はない
痛みも知らず伸う伸うと生きていい訳がない
再上映はないさ 藝術ってそうゆうもんだ
完美な終焉のリミットへ針が軋む

今更泣き噦ったって
汚物にかける言葉はない サヨナラだ
いつだって正義は多数派の手を取って足を組む
名ばかりの善意 見飽きたシナリオ燃え尽きるまで
終わらないパーティを
骨の髄まで堪能して


ヒーローに救われる条件はさ
きっとこんな惑星に残ってない
導火線は既に走った
もう用などは無い
消えてしまえ心ごと


全部お前らのせいだ


今宵お越しくださいました
皆様には大変感謝しております。
同情なんて要らない 犯した罪は痛みで償って
主催は私、皆様の玩具として仕えた者です。
終わらないパーティを
格別な夜に乾杯を


最高傑作に拍手喝采を 


可愛いあの子から漏れた陰口から始まり 
「遊び感覚」という名の延長戦

【よたばいと】と申します

Twitter【@YB_uta】

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP