赤色の旗・赤色の銃

投稿日:2010/05/07 23:17:14 | 文字数:736文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

中世のお話しです。
一応戦士目線です!
1番、2番でそれぞれ人が違います。

一応曲募集中です!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1.

【A】

白あげて
白あげて
白下げないで
赤上げる

【B】

僕らの出会いの始まり
情けない僕に手をかざす君
その手はあたたかすぎて涙があふれそうになる
そんな僕をふくめ君は
微笑んで微笑んで微笑んで
僕には浮かべられない笑顔見せてくれたね

【C】

手に握る君を示す旗
これをかがけいつまでも進んでいくから君も信じて戦って
この剣が赤色に染まってもいつまでも君は白色に
願ったあの時が今はなつかしい思い出

【S】

どうしてこの選択しか僕は選べなかった?
変えられるはずだった運命が今僕の手で崩れ去る
知りたくもないのに僕は知った 知ってしまう お知らせを僕に
震えるこの体を誰か…止めて!

【D】

「思いだしてしまうんだ君の笑顔」
「ごめんな。君の傍にいられたらこんな…」

いつかの僕の言葉が脳内で響く……!


2.

【B】

僕らの出会いの始まり
幼い僕に手をかざす君
その手は大きすぎてなんだかせつなくなる
そんな僕を見つめ君は
微笑んで微笑んで微笑んで
僕には浮かべられない笑顔見せてくれたね

【C】

手に握る君がくれた銃
これを構えていつもな進んでいったんだ君も信じて戦えよ!
この銃が赤色に染まってしまったなら君は赤色に
染まってしまう 早く逃げろよ!

【S】

どうしてこの選択しか僕は選べなかった?
変えられるはずだった運命が今僕の手で崩れ去る
撃てるはずもないのに僕は構えて 向けてる 銃口を君に
震える人差し指を誰か…止めて!

【D】

「思いだしてしまうんだ君のあの頃」
「ごめんな。この選択肢しかないんだ」

いつかの僕の言葉が脳内で響く……!




【A】

白あげて
白あげて
白下げないで
赤上げた


現在あまりINできない状況です。すみません。
コラボも、余裕ができるまでは引き続き休ませていただきたいと思います。
高校生になり中学生の頃と比べてかなり多忙になりました。
(勉強とか部活とか…部活とか…(^^;))

小説・歌詞を中心に活動しています。
たまにイラスト。←下手なので毎度落書きクオリティ。…練習中です^^;
どれにおいても暖かい眼差しでお願いします(_ _ )特にイラストで。

高校生になったので、色々と整理しました。
投稿作品はほとんどを消し、名前も改名しました。
しばらくは、新しい名前である『にぱ』の後ろに
『(元:狼ひめ)』をつけておきます。
しばらくしたら消しますが;


好きなのはリンレン。兄さん。が特に!
いや、全員に愛を注いでいますけどねw


よろしくお願いします<(_ _*)X(*_ _)>

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP