憧れ

投稿日:2014/07/20 18:34:43 | 文字数:343文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

憧れはあまりに重い
階段の途中に落としそうになるほど

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1
a
うす緑
波紋を呼んでよ、風
どこかにあるのでしょう
たとえば窓のすぐ外に

b
一段 ひとり
一段 また ひとり
空に近づきたいの
誰かはそこにいるから

s
こぼれて弾け散った破片(はへん)
それだけ集めてみたら
まるで
私じゃない金色
あぁ、これは夢
言葉で縛るよりも早く溶けてしまった

だけど
私のものだったのでしょう?

2
a
茜色
映し出してみてよ、斜陽
ここにもあるのでしょう
たとえば君の目で見れば

b
一段 ひとり
一段 また ひとり
空に近づいている
まぼろしだとしてもいい

s
漂い光打つ花弁(かべん)
それだけ集めてみたら
まるで
私じゃない金色
あぁ、これは希望
言葉で触れたなら褪せてしまいそうな

だけど
私が見つけたのでしょう?

諸事情により、ピアプロでの活動は現在ほぼしていません。

歌詞の使用許可や依頼などはTwitterで連絡してくださると嬉しいです。
https://twitter.com/koshian_panda00

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP