八月ノ寂

投稿日:2019/03/06 18:39:32 | 文字数:414文字 | 閲覧数:17 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

死んじゃいたいような八月の夜
黄金色の月が泣くから
僕は笑うしかなかったの

さよならを告げた寂しさの輪郭は
君の面影を模倣して
泣き出しそうな僕に
嗄れそうな声を咆哮として叫ばせた

夢でも覚めないで
嘘でも愛せるから
ここから出さないで
現実に引き戻されるな
息を止めるよ

ずっと一緒だと約束したのに
そばにいたはずの君の面影を探すの
寂しいと哭くことを許してください
この灯火が消えるまで
焦がれた月を
君の面影を
愛すことを許してください

死んじゃいたいような八月の夜
黄金色の月を見ていた
幸せだと嘘をついて
僕は笑うしかなかったの

泣きながら告げたさよならは
愛してるととても似ていて
僕の寂しいと泣く嗄れた声の
愛してるととても似ていた

ずっと一緒だと約束したのに
そばにいたはずの君の面影を探すの
寂しいと哭くことを許してください
この灯火が消えるまで
焦がれた月を
君の面影を
愛すことを許してください

VOCALOIDサークルAsteRhythmの作詞をやっています。
Twitter:lyricstorhythm

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP