投稿日:2019/12/07 06:19:45 | 文字数:536文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

棘の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



wow wow

渇いた風の遠くへ 見知らぬどこかへ
湿った空を切る様に この世の果てまで

感じるのは 冷めた目の奥の中の悪魔が
消せないのは 時の中に埋もれてたメモリー

君の世界へ

朝を流れる塵蝿の 生まれた時から死に向かう
息を潜める想いなど 目覚めた時から孤独なの
夜が更けいって 白々とこの世の嘆きを確かめるだけ
笑顔の側の澱みなら こうした気持ちに意味はないわ


流れる景色辿って ここまで来たけど
逃げ切れるわけもないのに どこまで行くのか

歩き続ける 一文字のバラの道をかき分けて
忘れられないのは 荒ぶる渦に飲み込む何かを

君に触れたいよ

うつむいたままウヤムヤと シラけた朝日を吐き捨てるから
君を認める余裕など 何も知らなければ幸せだろうか
君が望む様な願いなど oh 人はすぐそう愛に飢えるから
笑顔の側の願いなら こうした気持ちに理由はないわ

感じるのは 冷めた目の奥の中の悪魔が
消せないのは 時の中に埋もれてたメモリー

君の世界へ

朝を流れる塵蝿の 生まれた時から死に向かう
息を潜める想いなど 目覚めた時から孤独なの
夜が更けいって 白々とこの世の嘆きを確かめるだけ
笑顔の側の澱みなら こうした気持ちに意味はないわ

気ままな作曲家です。
iPhoneで作っているのでiPhone以外で再生すると
変な風に聞こえるかも知れません。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • GUMI「棘」オリジナル

    by SA-TOさん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP