27.いつみきとてか

投稿日:2021/09/01 21:03:50 | 文字数:329文字 | 閲覧数:8 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

みかの原わきて流るるいづみ川いつみきとてか恋しかるらむ(中納言兼輔/藤原兼輔)

※「ノベルアップ+」及び個人サイト「篝火」でも公開中。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

みかの原という名前を
高い評価と共に聞く
歌に詠まれる名所なのだって

いづみ川という名の川が
湧き出ているとも聞いたよ
きっと美しい流れなのでしょう

いづみ川のように
いつみきとてか
こんなにも恋しいの

あなたの何を知ってるんだって
自分のこと諫めてみるけれど
想いが勝手に募っていくよ
惹かれてるんだ 理不尽なほどに


いつか本物見に行くんだ
膨れる期待と想像の
危うさに気づけないわけじゃなくて

頭の言うこと聞かない
心が舞い上がるんだよ
つかまえきれない羽毛みたいに

いづみ川のように
いつみきとてか
こんなにも囚われて

あなたの何も知らなくたって
走り出せばもう止められなくて
想いはどこまで募っていくの
焦がれてるんだ 不合理なことに

「ノベルアップ+」及び個人サイト「篝火」でも作品を公開中。

この作品URLを含むツイート1

▲TOP