玄冬のアナタラクシ

投稿日:2017/10/24 22:07:47 | 文字数:498文字 | 閲覧数:338 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

『玄冬のアナタラクシ』
歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

降り積もる 雪は 君を隠して
僕を色彩(いろ)のない明日へ巻き戻す
愛してる それが 繋ぎとめられる
碇となるなら迷わず 投げ込むよ
冬の空に

打ち付ける雨音
少しずつ消えてく
見上げれば 凍てついた 風花

何も言えずにいた
君は去って行った
突然消えてしまった 街角

探しているのは 姿だけじゃない
昨日まで登ってた階段
振り向いては そこに足場はないこと
さっきから もう 気づいてるのに

降り積もる 雪は 僕の心に
犯した過ちの楔を打ち込んで
戸惑いと 焦り 君のいない世界
耐えきれずに闇の中 走り出す
アナタラクシ

5分早めた 時計を見つめる
待ち合わせ 遅れないように
いつもの場所に 君はいないということ
さっきから もう 理解してるのに

舞い上がる 風に かさねた涙が
乱れる気流の中に 消えてゆく
追いすがる たとえ 君が見えなくても
あまたの思いをまとい 駆け上がる
彼方の星

叶わない…
叶うなら…
叶えても…

降り積もる 雪は 君を隠して
僕を色彩(いろ)のない明日へ巻き戻す
愛してる それが 繋ぎとめられる
碇となるなら迷わず 投げ込むよ
アナタラクシ

FOSSIL Pです。

楽曲や歌詞に対するメッセージ、本当にありがとうございます。
古くさい感じのする、懐かしいメロディを信条としています。
また、わかりやすい世界観を表現できたら、と日々試行錯誤です。
曲作りのペースは落ちましたが、今後も作っていきますので、聴いてくれたら嬉しいです。

【絵師様募集】
自分は絵がまったく描けないので、イラスト投稿をされている皆さんにお願いがあります。

俺の楽曲の、イメージイラストを描いていただけませんでしょうか…?

常時募集中ですので、お気軽にお声かけ下さい。よろしくお願いします!

ラジオ始めました。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 玄冬のアナタラクシ

    by FOSSIL Pさん

▲TOP