「サヨナラ」の温度

投稿日:2010/07/14 00:03:23 | 文字数:715文字 | 閲覧数:138 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

夏の終わりに恋の終わりを歌う。。。みたいな感じで~
HDDにおいてあったけど、せっかくだからここに上げてみましたぁ(●▽●)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[A1]
気だるい空気流れる
赤い夕暮れ
夏の夕立やり過ごして
ヒトリ歩く

次の予定も決まらずに
過ぎてく季節
タメイキ一つ零してみた
濡れた路面に

[B1]
ふたり初めて出会った日
名前を呼んでくれた日
意味のないものなど一つもない
信じていたけど

[S1]
何も出来なかった
離れていく距離を
感じていたのに
追いかけられずに

ただずっと見てた
キミのその背中
触れた手のひらは
サヨナラの温度

こうして少しずつ
忘れていくコトが
正しいと知った
この夏の終わり

最後に残るのは
想い出たちだけ
頬を伝ってく
サヨナラの温度

[--間奏--]

[A2]
紫のとばりが降りる
窓の向こうに
ぼんやり映る街の灯り
眺めている

今頃キミはドコで誰と
何をしてるの?
聞くことさえ出来ないワタシ
携帯閉じた

[B2]
泣きながら電話を掛けた日
初めてキスをした夜
意味のないものなどきっとないと
信じていたのに

[S2]
解ってほしかった
本当はこんなに
大好きなんだと
今なら言えるよ

でももう遅すぎる
何もかもすべて
消えてなくなるの
サヨナラの中に

優しくしたかった
だけどできなかった
プライドが恋を
押さえつけたまま

伝えられなかった
キミへの想いに
零れた涙は
サヨナラの温度


[--間奏--]


[S_rep]
何も出来なかった
離れていく距離を
感じていたのに
追いかけられずに

ただずっと見てた
キミのその背中
触れた手のひらは
サヨナラの温度

こうして少しずつ
忘れていくコトが
正しいと知った
この夏の終わり

最後に残るのは
想い出たちだけ
頬を伝ってく
サヨナラの温度

たまに歌詞書きなどしようかと
レンさん推奨がデフォルト値です
歌詞は妄想がはじけた時に、何となーく書いてみてます

*たまにつぶやき*
http://twitter.com/lazyvery

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP