【Resonance】林檎願歌【コラボ用白雪姫】

投稿日:2009/01/24 00:59:25 | 文字数:577文字 | 閲覧数:106 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

すっっっごく遅くなってしまってごめんなさい…。
なかなかパソコンを長時間使える機会がなかったので…
いまさら言い訳にしかなりませんけど><;

タイトルは「りんごねがいうた」です。
白雪姫って、王子様に好かれることを願ってるイメージがあったので。
かつ、前向きに恋してる歌にしたかったのでこうなりました。
遅くなったうえこれでよかったのか…心配ですorz

「悪夢」「闇」などはそのままで、
女王さま?的なイメージだったり、嫉妬心の塊だったり。
「林檎」は、白雪姫の心情を表わしていると思い
でたらめながら比喩を使ったつもりです;

またしても語呂が合わない箇所が多数あります。
考えてみましたがうまくまとまりませんでした…。
とりあえずあげておきますので、
「こうしたらいいんじゃない?」というのを
教えていただけたら幸いです。

では乱文失礼しました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

青い空と ひつじ雲に
流れ響いて この歌声
届かないと 思うほどに
祈りは溢れ零れていくの



迷い見つけた 森の奥
輝く貴方の笑顔に
悪夢から逃げ去れるよな
暖かな力をもらった

ふとしたその一瞬に
心を奪われ彼方へ
さりげないその横顔に
そう 一目で恋に落ちたの

小人たちのおうちにいてもまだ冷めない
この頬の熱をあの日の貴方は知らないでしょう

青い空と ひつじ雲に
流れ響いて この歌声
いつか君が 気付くことを
夢見てそう声をあげて歌咲かすんだ




今の自分に できること
多くはないとわかっても
何もしないで いるよりは
すこしずつでも歩きたい

「今」を変えて前に進むための力を
この胸の奥に秘めた情熱は林檎のように

青い空と ひつじ雲に
流れ響いて この歌声
凛と燃える この想いに
目を背けることはできないだから 強く…




いつの日か また同じ
悪夢に捕らわれそうでも
その時は 王子様
貴方を信じる だから…




いつかきっと 闇に堕ちて
世界が見えなくなっていても
「また会えるよ ひとりじゃない」
あの日の自分に微笑んで

逆光さえ 力になる
私の進むべき指針を
暗い世界抜け出す時
一番そばにいるのは そう

王子様で あってほしい
私の恋した貴方なの
もし願いが叶うならば
永久(とわ)にこの想いを捧げよう

(プロフィールはありません)

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 林檎願歌 - chiptune instrument version-

    by TRFハニカムさん

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP