ベルガモの少女 歌詞

投稿日:2015/11/21 11:06:24 | 文字数:403文字 | 閲覧数:1,063 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ベルガモの少女


学生男女の恋だって
老人夫婦の恋だって
同性同士の恋だって
跳ねるように高鳴ってんだ

子を想う親の愛だって
仲の良い友の愛だって
幼気な君の愛だって
確かな熱が込もってんだ

夜の日差しが
街を照らす

僕ら
愛しても愛しても
世界が月を裂いて
どうしようもない位に泣いてる
僕の胸に掛けた
感情の感情の
枷よ壊れないで
息が吸えなくなるまで


報われぬ恋の「好き」だって
亡骸に告げる「好き」だって
愛する君への「好き」だって
今更のように悔やんでんだ

狼の叫びが
空を穿つ

僕ら
愛しても愛しても
世界が糸を断って
どうしようもない位に泣いてる
甘美な誘惑が
感情の感情の
枷を引き千切って
ベルガモにキスをした


君の涙が
頬を伝う

僕ら
愛しても愛しても
世界が月を裂いて
どうしようもない位に泣いてる
愛とは悪なのか
感情の感情の
神よ忘れないで
ベルガモの笑顔を

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP