黄昏と嘘

投稿日:2020/06/28 17:32:02 | 文字数:479文字 | 閲覧数:25 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

狼狽煩わしい窓辺 隠した
妄想が補うひとひら
落ちる夕陽に嘘を走らせ
君と見た明日の ページを探して

忙殺で見えなくなったか それとも
衝動が幕を閉じたのか
霞む勇気がセピアに染まれば
君と見た明日は どうせもう来ない

ゆらゆら舞う
萎びた嘘は
あの日の私と あの日の僕のよう

遠ざかる朝8時のおはようは
モノクロの中で笑ってんだ
淡々と唄う風音はもう
鈍色の向こうで寝てんだ
儚いララバイ歌ってみりゃ
もう良い、いらない。嘘を吐いた
聴こえない私今何色?
(もう良い、いらない。嘘を吐いた)
もう良い、いらない、届かない
(もう良い、いらない。嘘を吐いた)

黄昏に酔う
なんにも変わらないのに
飾らない面影だけ探して
屈託のない願いだけがずっと巻き戻る

明日は映画を観に行こうよ
流行りのやつ一緒に観よう
その後はお茶でもしようよ
たわいない話でもしようよ
空しい想い願ってみる
もう良い、いらない。嘘を吐いた
ヒュルリラララ 風が鳴く
君から貰ったこの愛は
届かなくたっても良い
もう良い、知らない。嘘が泣いた

今日がまた通り過ぎてゆく、Ah

Robinと申します。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 黄昏と嘘

    by Robinさん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP