砂の抱擁

投稿日:2008/11/16 14:44:30 | 文字数:376文字 | 閲覧数:194 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

アップした同じ題名の曲の歌詞です。
この詩を作っている最中は、なんだか自分まで追われているような気がして心がすさみそうになりました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺れる炎を見つめている
冷たい瞳は何を想い

血塗られた手は膝を抱えて
私を求めることさえないの

ああ、偽りを背に彷徨い続ける悲しいあなた

闇に塗れ 走り続け 撃ち洩らした影に怯え
懺悔の言葉を繰り返しても過去は消せない


枯れた涙は闘いに慣れ
気がつく間も無く心失くし

微かに残った愛の記憶も
開けてはいけないパンドラの箱

ああ、放たれたもの 最後の希望も残さず消えた

疲れ果てて 雨に濡れて 撃ち尽くした空の弾倉
それでもまだ残ったものは己の命


ああ、追い駆けるもの 感じる気配に囲まれていた

響く怒号 唸る弾道 撃ち尽くした空の弾倉
祈りの言葉唱えるよりナイフを抜いた

壁に凭れ 雨に濡れて 凍りついた様な身体
それでも未だ残ったものは己の命

忘れ去られ 砂に埋もれ 唯朽ちてく運命ならば
その乾いた心だけでも抱いてあげるよ

ミクを中心に曲を作っています。
どんな音楽が作りたいのか、自分でもまだわからなくて色々と試している最中です。

ニコニコ動画にアップしたリスト http://www.nicovideo.jp/mylist/9367866

初音ミクのタグがついたイラストは、すべて拝見させてもらってます。
絵師のみなさんいつも素敵なイラストをありがとうございます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP