キンモクセイが咲いた夏

投稿日:2021/04/18 08:07:25 | 文字数:269文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつの間に衣替えが
季節に間に合わなくなったのか
置き忘れた大切なモノ
手に届かなかったユメノナカに…

キンモクセイが咲いた夏の日
恋に落ちたステンドビードロのように
確かな温もりを 確かな陽だまりを
君にはあげられなかった


確かな言葉も 見当たらないままに…

キンモクセイが枯れる秋の日
愛に溺れたラムネのビー玉のように
少しの気持ちも 吐き出してしまって
君には優しくなれなかった

灰色の雲に全てを託して
皺が寄ったカセットテープのように
確かな温もりを 確かな想いを
君には伝えられなかった

キンモクセイがまた咲くまで…

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • キンモクセイが咲いた夏 (feat.重音テト)

    by 新庄鷹史さん

▲TOP