或る詩謡い人形の記録『言霊使いの呪い』第一章

投稿日:2009/08/30 03:22:23 | 文字数:1,897文字 | 閲覧数:369 | カテゴリ:小説

ライセンス:

兄妹の性格、最初は妹をもっとわがままに、兄はしっかり者で考えていたのにいつのまにか兄が天然、妹がしっかり者に…あれー…?

とりあえずここまでです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 嫌いなものがある。あの人のお気に入りのオルゴール。

 蓋を開けて螺子を回すと、小さな舞台で二人の人形が踊る。音楽が止むまで飽きもせず、同じところをぐるぐると。

 兄様はあれを気に入っていたけれど、私は好きになれなかった。

 同じところをぐるぐる永遠に回り続ける、二人の男女。

 それはまるで、この場所に閉じ込められた私達を見ているようだったから。
                     #
「…何をしてらっしゃるの?兄様」
 水を汲んで帰ってきた私が見たのは、本の山に埋もれた兄の姿だった。
「ああ、おかえり」
 呆れた私の様子に気付いてないのか、兄はへらりと微笑む。私と同じ顔、同じ色をした髪。唯一違うのは、髪形と眼の色。私は右眼が紅、左眼が青。兄様は右眼が青、左眼が紅。
「いや、日干しをしようと思ったのだけれどね。読み始めると止まらなくて」
 持っていた本を閉じながら兄は言う。先程から鼻につく異臭に眉を顰めながら、「そうなの」と私は頷いた。
「兄様は本当に本が好きなのね」
「ああ。お前も読むといい」
「今はいいわ。ところで兄様」
「ん?」
「台所の方から妙な匂いがするのだけれど」
「…………」
 沈黙。そして
「あーーーーーーー!!!!」
 叫びながら台所へ駆け込む兄様を見送り、私は溜息をついた。


 深い深い森の奥。そこにある一軒の小屋が、私と兄様の家。元は一人の魔女の家だった。その魔女が、私達兄妹の育ての親。
 その人―私達はマスターと呼んでいた―によると、私達がまだ赤ん坊の頃、ある高名な騎士がマスターに私達を託したのだという。その人は後に、国王を誑かした罪で死刑になったらしい。
                    #
 双子なのに、何故こうも違うのだろう。
 真っ黒になった目玉焼きを見ながら、私はつくづくそう思った。
「ご、ごめん……」
「…もういいわ」
 溜息をついて、私は手を振った。同時に言霊を紡ぐ。あっという間に煤汚れた台所は綺麗になった。調理器具が自在に動き、自動的に目玉焼きを作り始める。
「最初からこうすればいいのに。どうして兄様は自分の手で作ろうとするの?」
「手作りの方が味がいいって、読んでいて本に書いてあったからだよ。それに」
 ここで兄様は、少し真面目な表情になった。
「何でも魔術に頼るのはよくない」
「……それで失敗した人間に言われても、説得力皆無ね」
 う、と兄は言葉に詰まる。やれやれと私は首を振った。
 本当に、何でこんなにも違うのだろう。
 兄は昔からこうだった。何をやるにも不器用で、不甲斐無い。唯一読書だけが趣味で、私よりも知識は豊富。けれどそれを生かそうとしない。

『お前達は二人で一つの存在』

 かつてマスターはそう言った。双子とは、一つの魂を分けた存在であると。故に全てが半分に分け与えられているのだと。得意分野も、性格も、魔力も。
「兄様、本を日干ししようとしてたのでしょう?早く済ませてちょうだいな」
「ああ、うん」
 頷いて、兄は台所を出て行った。どうせ兄のことだから、魔術を使わず自分の手でやろうとするだろう。時間が掛かるのに。
 まだ私達が幼い頃、世界には魔術を使える人間はかなりいたらしい。しかし長年続いた戦が終わりを告げた頃から、魔力を持つ人間は減ってきたという。今では魔術師は希少な存在とされ、とある国では高給で雇っているほどだ。
 私と兄も、それなりの魔力の持ち主だ。力を二分されているとしても、そこらの魔術師よりは強い力を持っていると自負できる。
 けれど兄は、その魔術を行使しようとしない。できる限り魔術を使わぬことを心がけており、『魔術に頼りすぎるな』というマスターの教えを守っている。何故人前で使ってはならないのか。その答えを聞く前に、マスターは白き門の向こう側へ行ってしまった。

 何故魔術を使ってはならないのか。
 力を持っているのならば、使うべきではないのか。

 私は未だに答えを見つけることが出来ない。
                    
「兄様、出来たわよ?」
 皿に目玉焼きが載せられたのを見届けて、私は声をかけた。返事はない。
「兄様ー?」
 先程より大きな声で呼びかける。やはり返事はない。
「……」
 嫌な予感がして、私は台所から出て兄のところへ向かった。
 案の定、兄は本を読み耽っていた。
「………」
 同じ双子なのに、何故こうも違うのだろう。
 手近なところにあった本―それなりに重いもの―で兄の頭を叩きつつ、私は心の底からそう思った。

主に歌詞投稿&小説投稿しています。

常に修行中です。使われたら喜びます(笑)
よろしくお願いします。


歌詞投稿で使っていただいたもの。

32さん
単独ver『あるいは誰かの物語(仮題)~Requiem~』
http://piapro.jp/a/content/?id=lwd7cmf98g9snoas
合体ver『Legend of light~あるいは誰かの物語~』
http://piapro.jp/a/content/?id=j9c9qbznshf5b3sp
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm3353194

hoicowlowさん
『Fight!』 
ミクのみver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2003%3A15%3A18
ミリン(ミク&リン)ver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2018%3A43%3A17
『はるのうた』
http://piapro.jp/a/content/?id=5kjix36ys6a4e9vc

fumuさん
『銀の夢』
http://piapro.jp/a/content/?id=dl55n8hxlesioibo

壱村Pさん
『Once Again』
http://piapro.jp/content/3nrvufh7oa7tptwt
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm5382295



使っていただいた作曲家方様に感謝!
使わせていただいた絵師様にも感謝!
タグ職人にも感謝!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    >兎灯様
    コメントありがとうございます!
    言霊使いは雪菫より解釈の幅が広いのでちょっと苦戦してます…兄妹の性格が上記に述べた感じになってるって時点で、もう、ね…!orz

    頑張って早く書きあげます!

    2009/09/02 01:25:36 From  shixi

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP