ヨルヲサマヨウ

投稿日:2016/09/06 21:46:41 | 文字数:421文字 | 閲覧数:52 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

真夜中午前2時
窓を開けると
輝く月があたしを呼んだ

あたしの心は窓から抜け出して
夜のしじまを彷徨い歩く

家並みを飛び越え
公園を見下ろし
古びたすべり台の上に降りる

高く吹く風が
雲を散らして
また白い月、あたしを呼ぶ

紡いだ旋律は夜を越え
静かに君の夢の上漂う

君があたしを忘れていても

目覚めた君の記憶の奥に
そっと住み付く


赤く点滅する信号機見おろし
黒い梢がざわざわ揺れる

かすかに聞こえる犬の遠吠え
古びたブランコがきしんで揺れる


流れた言葉は風に乗って
君の寝床にそっともぐりこむ

君の目には映らなくても

いつか君が思い出すその日までずっと
歌ってるから


紡いだ旋律は夜を越え
静かに君の夢の上漂う

君があたしを忘れていても

目覚めた君の記憶の奥に
住み付く


流れた言葉は風に乗って
君の寝床にそっともぐりこむ

君の目には映らなくても

いつか君が思い出すその日までずっと
歌ってるから

Vocaloid(主にIA)での楽曲制作を行っています。
絵は全く描けないので、MMDで投稿用画像を作成したりしています。
まだまだ修行中ですが、投稿用イラストを描いてくださる絵師様と動画師様は常に募集させていただいています。よろしくお願いいたします。

soundcloud : https://soundcloud.com/user-354245547

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【IA】ヨルヲサマヨウ【オリジナル曲】

    by v+jさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP