「誰もいない僕の街」 歌詞

投稿日:2018/09/30 22:23:07 | 文字数:625文字 | 閲覧数:467 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

もう何もいらないんだ
賑わうネオン街ゆらっと睨みつける
もうどこも行かないんだ
ずっとここで世界創造
もう何も知らないんだ
そりゃそうだろ
お前も同じなんだから
もう何も言わないんだ
って言うか言えないだろ

お前もお前もお前もここにはいねえよ
そんな僕の街で生きて行くんだ
ずっとずっとずっと待たせてんだ
お腹空かせて帰りを待ってんだ

今日も上手く凌いだ
信号機、アスファルト、法度、機械仕掛け
「明日」なんて来ないんだ
ただ陽が昇る
それだけだ

嗚呼
「僕だけは」って睨みつけ
お互いがお互いを殺す
気持ち悪いこの世界は
行儀良く回っている
人独りじゃ生きて行けないのに
他人の事なんてどうでもいいんだから

まだ笑う君が怖いな
だってもうここまで来てんだよ
そっと目を盗んで奪った今日を
砕いて与えて

まあやっぱそうだよな
この街に誰かのために割ける時間なんて
どこにもないから
もういいや
自分以外他人だ
そんなもんだ
友達だってそんなもんだ
また僕も誰かの他人なんだ

あれ?あれ?あれ?
君がいないんだ
ずっといつも横にいるのに
君の世界がない
君の世界だけが
見当たらないんだ

笑う笑う笑う君だけしか
思い出せない
君はどこにいるんだ
僕の街に君はいないんだから
ねえ ねえ
笑うなよ
痛い痛い痛い
胸が痛い
楽しいのに涙が止まらないんだ
もうどっか行ってくれ

僕は何だ

君の瞳に映る僕は
君の瞳に映る僕は
君の瞳に映る僕は

絵描いたり音楽やったりしてます
http://www.nicovideo.jp/mylist/54581591

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP