09.僕が最期に創るプラネタリウム

投稿日:2015/11/08 16:48:44 | 文字数:362文字 | 閲覧数:802 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

僕が最期に創るプラネタリウム

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

09.僕が最期に創るプラネタリウム

君が泣いた夏の夜空
僕は何処で君とまた会えるの?
お願いヨワムシな神様
最期に1つ願いを聞いてよ...

一つ一つ穴を開けて
共に過ごす時が幸せだったと
憶えた星の数は全て
知らない場所へゆらゆら運んだ

これで君と離れ離れ
「まるで織姫と彦星ね」
溢れ出していた涙の渦を
吹き飛ばし放っていく
二人で見上げた空

僕が遠く旅立っても君とまた会えるはずだよ
生まれ変われなくても星になって輝いていくんだ


「息をして生きたい」と君にしがみついた
クシャクシャなっていく最後の一頁
ヨワムシな神様、僕の星の穴を開けてよ...

君と一緒に創った最期のプラネタリウム
一度も点かなくて今ここに輝く...

僕が遠く旅立っても君にまた会いに行くんだ
ここだよ見えてますか?星になった僕の姿を

初めまして。アオトケイです。
Twitter:@aoto_kei
Mail:aotokeiya@gmail.com

※歌詞はTwitterで公開する事となりました。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP